子育て情報『【妊婦さんの基礎知識連載】#8 妊娠中期 7ヶ月頃の「マイナートラブル」オススメ対策4つ』

2016年8月25日 07:00

【妊婦さんの基礎知識連載】#8 妊娠中期 7ヶ月頃の「マイナートラブル」オススメ対策4つ

【妊婦さんの基礎知識連載】#8 妊娠中期 7ヶ月頃の「マイナートラブル」オススメ対策4つ

妊娠7ヶ月、おめでとうございます!

赤ちゃんと一心同体の暮らしも、とうとう“折り返し地点”を過ぎました。この頃は体調も安定し、妊婦であることに本人も周りも慣れ、生活面・精神面ともに穏やかに過ごすことができる時期です。

一方で、赤ちゃんの成長とともに、お腹がぐんと大きくなってくる時期でもあります。そこでいくつか、7ヶ月プレママのマイナートラブル(不快症状)と、オススメ対処法をご紹介します。

【妊婦さんの基礎知識連載】#8 妊娠中期 7ヶ月頃の「マイナートラブル」オススメ対策4つ


■妊娠7ヶ月に悩みがちな「マイナートラブル」と対処法

その1:「むくんじゃう…」

大きくせり出してくるお腹が血流を圧迫し、むくみが出やすい時期です。

自然塩などの良いお塩は特に制限せず、ほどほどに摂っても大丈夫ですが、水分摂取はいつもよりも多目を心がけましょう。

その2:「腰があいたたた…」

大きなお腹を抱えるとどうしても反り気味の姿勢になり、腰に負担がかかります。姿勢を意識して動きましょう。

また、腰痛は冷えも原因です。特に夏場の妊婦さんは薄着になりがちです。せめて足元だけでもあたためてくださいね。裸足にサンダルは少しの我慢です。

筆者は妊娠期から“オステオパシー”という整体で身体を整え、産後も同じオステオパシーに見てもらうことで、腰痛とは無縁の産前産後生活を送ることができました。

妊婦さん向けの整体もあるので、ぜひ調べてみて下さいね。

筆者のオススメは、『からだクリエイトきらくかん』と『推拿整体サロン&ボディ・センス カレッジ nanea』です。どちらも妊産婦さんの施術歴が豊富な、頼れる整体師さんがたくさんいらっしゃいます。

その3:「妊娠線ができちゃった…」

【妊婦さんの基礎知識連載】#8 妊娠中期 7ヶ月頃の「マイナートラブル」オススメ対策4つ

お腹が急に大きくなることもあるこの時期、妊娠線もできやすくなります。

妊娠線のケアにオススメなのは“ひまし油”。どろりとした重い油ですが、保湿効果は抜群です。筆者は好きな香りの精油を別の小瓶でブレンドし、毎晩夫にマッサージをお願いしていました。

夫婦と胎児、3人のスキンシップは、とてもいい思い出です。私が触ったときと、夫が触ったときの胎動が全く違うなど、毎晩楽しみな時間でした。7ヶ月頃は胎動も楽しみのひとつですね。

また、ひまし油は会陰マッサージをすると伸びやすくなり、出産時に裂傷ができにくくなるそうです。

子どもが産まれたらベビーマッサージに、打ち身に、ひまし油湿布に……と、お手当てにも使える便利な油ですので、ひとつ持っておくとママの強い味方になるかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.