子育て情報『【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント』

2016年8月28日 07:00

【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント

目次

・妊娠8ヶ月の特徴
・妊娠8ヶ月に起こること・その対処法
【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント

いよいよ出産に近づく妊娠後期のスタート、妊娠8ヶ月(28週)です。妊婦健診が2週間に1度のペースになったり、入院の準備を始めたりと、赤ちゃんに会えるまであと少しです。

しかし、出産への不安が募ったり、妊娠初期や中期とは違う体調の変化が始まります。

お腹も大きくなり、苦しさを感じたり、せっかく終わったつわりがまた始まる人もいます(後期つわり)。

このような時期を、快適に過ごすために気をつけるべきことをご紹介します。

【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント


■妊娠8ヶ月の特徴

妊娠8ヶ月の赤ちゃんは、五感の発達や瞬きができるようになり、臓器も完成します。また、脳のしわができることで記憶も始まります。

ママの子宮底はみぞおちのあたりまで高くなり、胃や食道を圧迫し、胃もたれや胸焼けなどの「後期つわり」の症状が出始めることがあります。

そして、羊水量が最大になることでお腹が前にせり出し始めます。また、おりものの量が増えたり、お腹の張りやすくなる、むくみが起きるなどの体の変化も起きます。

筆者の妊娠8ヶ月は、後期つわりで大変な上に貧血もひどく、血圧は上が60台になりました。

しかし、2子目のときには軽い貧血のみでした。

症状は人それぞれですが、体調が良くても入院や早産(お腹の張り)にならないように気を付けて過ごしてください。

【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント

■妊娠8ヶ月に起こること・その対処法

(1)動悸・息切れ

子宮が急激に大きくなり、臓器が上に押しあげられ、血流が多くなるので心臓も今まで以上にフル活動。

それが、動悸や息切れの原因です。一所懸命動いている心臓に負担をかけないため、ゆっくり動きます。

階段の利用で息切れがする場合は、エレベーターを使ってみてください。ひどい場合は、横になって休むことが1番です。

左を下にし血管を圧迫しにくい姿勢“シムスの体位”で心臓の負担も減らすことができます。

(2)お腹の張り

出産が近くなってくると、分娩のときに備えて子宮も準備運動を始めます。妊娠8ヶ月は、その準備運動が増してきて今まで以上に張る回数も増えていきます。お腹がパーンと硬くなる状態です。

しかし、まだ、出産には早いので、張ったら安静にします。

もし、横になっても張りが収まらない場合や1時間に3回以上の張りがあるときは病院に相談してみましょう。

(3)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.