子育て情報『【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント』

2016年8月28日 07:00

【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント

胃の不快感

胃が圧迫されることにより、胃液が食道に逆流して胃粘膜を荒らします。

その結果、吐き気や胸やけ、げっぷ、胃痛、消化不良などの症状が出ます。

消化のよい物を食べる、少量ずつ食べる、食後は横にならないなど工夫をして過ごしましょう。

(4)貧血

赤ちゃんに栄養を送るために血流が必要となり、妊婦さんの約30%がなる貧血。

また、出産時の出血に備え大量の血が作られますが、赤血球は少なく、血液が薄い状態になるからとも言われています。

食事や飲み物で鉄分補給を行い、それでも良くならない場合は、鉄剤を処方してもらえるか相談相談してみましょう。

(5)妊娠高血圧症候群

妊娠8ヶ月以降に発症することが多い“妊娠高血圧症”は重症になるまで自覚症状がないことが多いです。

症状は頭痛、めまい、倦怠感、むくみなどです。

体調がよくても、塩分に気をつけてバランスのよい食事を摂る、睡眠不足や運動不足にならないようにする、ストレスをためないなどを心がけます。

その他、鼻血が出やすくなる、痔になる、腰痛や肩こり、むくみなど、今までになかった体の不調が増します。その中でも、腹痛、不正出血がある場合は、病院に相談をしてください。

残りの妊娠生活、キツイ服や苦手なもの、辛いことはできるだけ避け、楽しく過ごしてください。

【画像・画像】

竹内正人(2011)『マイマタニティーダイアリー』(海竜社)

※ 杉本充弘(2014)「最新月数ごとに「見てわかる!」妊娠・出産新百科妊娠初期から産後1カ月までこれ1冊でOK!」(ベネッセコーポレーション)

※ Pressmaster, g-stockstudio / shutterstock

【著者略歴】

山田みき ・・・ 1歳と3歳の女の子ママ。エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.