子育て情報『【ゴローパパの泣き笑い育児 #01】グラ太の「便秘狂想曲」』

2016年10月26日 14:17

【ゴローパパの泣き笑い育児 #01】グラ太の「便秘狂想曲」

目次

・◇ゴロー一家のプロフィール◇◆
・したくても出ない…!グラ太の便秘と「綿棒カンチョウ」
・80代のおばあちゃん小児科医、昭和レトロな町医者へ
・ウエルカムウンチ事件
【ゴローパパの泣き笑い育児 #01】グラ太の「便秘狂想曲」
Photo by Author
自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者で、妻の壮絶な産後ウツを経験した村橋ゴローが、わが子(愛称グラ太)の育児に日々奮闘し、パパとなっていく育児連載シリーズ『ゴローパパの泣き笑い育児』をお届けします。

初回はその名も“便秘狂奏曲”!産まれて間もないグラ太の身に起こった、便秘にまつわるドタバタ日記をお伝えします。

◆◇ゴロー一家のプロフィール◇◆

【ゴローパパの泣き笑い育児 #01】グラ太の「便秘狂想曲」
Illustrated by It Mama

■したくても出ない…!グラ太の便秘と「綿棒カンチョウ」

【ゴローパパの泣き笑い育児 #01】グラ太の「便秘狂想曲」
Photo by Author
あれはまだ、生後18日目のことだった。

グラ太の便秘は4日目を迎えていた。前日からいきみも激しく、本人もウンチをしたくて仕方ないといった様子で、とても苦しそうだった。ボクとりえちゃんにまだ“綿棒カンチョウ”の経験はなく、ただただグラ太のお腹をさすり、便を誘発するしかなかった。しかし、出ない。

グラ太が2歳になった今では「便秘4日目」などといったことも、「放っときゃ出るわ!」と言い放つことができるが、生後18日目ということは、まだ親になりたて18日目。ボクとりえちゃんは「たかが便秘4日目」を、マジで「お子さまにガンが見つかりました」と宣告されたかのように、深刻に受け止めていたのである。いや、マジで。

「お医者さんに行こう!それで綿棒カンチョウをやってもらいましょうよ」

■80代のおばあちゃん小児科医、昭和レトロな町医者へ

まだ朝8時過ぎ。近所のかかりつけの小児科もまだないため、とりあえず距離的に近い小児科をネットで見つたので、その直近の町医者へ。

ウチから徒歩3分、こんなところに医者があったのか……。築80年ぐらいは経っているであろう門構えで、中に入ると院内も昭和30年代風で超レトロ。人情派の老先生の登場を期待した。出てきたのは80代ぐらいのおばあちゃん先生。耳が遠く、会話もおぼつかない。ただ化粧だけはバッチリだった。

声を張り上げ、生後18日目でカンチョウをしてほしいと告げると、

「1ヶ月検診までは、産院に行ってくださらないと困るのよねぇ」

あれ!? 人情派じゃ……ない………?

おばあちゃん先生は「やれやれ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.