子育て情報『【元園長先生の☆保育園あるある】#3 お友だちと食べると嫌いなものも食べられちゃう!』

2016年9月6日 11:45

【元園長先生の☆保育園あるある】#3 お友だちと食べると嫌いなものも食べられちゃう!

目次

・好き嫌いが出るのはなぜか
・保育園では食べてくれる理由3つ
・夕飯を無理に食べさせなくてもOK
【元園長先生の☆保育園あるある】#3 お友だちと食べると嫌いなものも食べられちゃう!

ママが普段みることのない園児達の日常、そして可愛い園児たちがみせてくれる“あるある行動”について、元保育園園長の筆者がシリーズ連載でお届けしています!

第二回は『保育園ではすぐに寝ちゃうから不思議! 「トントン」の効果って?』をお届けしましたが、今回の保育園あるあるは、“保育園のお昼ご飯あるある”についてです。

今回は、ママの悩みの種でもある“好き嫌い”についてお話していきたいと思います。

【元園長先生の☆保育園あるある】#3 お友だちと食べると嫌いなものも食べられちゃう!


■好き嫌いが出るのはなぜか

1歳を過ぎると完了食になり、食事のバリエーションも増えていきます。

子どものために腕によりをかけておいしいものを作っても、全く食べてくれないとショックですよね。

それまで食べていた野菜も、なぜか急に食べなくなったり、初めて食べるものを見ただけで嫌がったりと、成長の段階で変わる“好き嫌い”。

味覚の発達や、心の成長によって好き嫌いが出てくるのです。

【元園長先生の☆保育園あるある】#3 お友だちと食べると嫌いなものも食べられちゃう!

■保育園では食べてくれる理由3つ

普段好き嫌いがあっても、保育園では完食している子どもはとても多くいます。

保育園と同じメニューにしても家庭では残してしまう子どもたちは、なぜ保育園だと食べるのでしょうか。

その理由として大きく3つのことが考えられます。

(1)褒められたい

保育園の子どもたちはみんな大人に褒められることが嬉しくて、よくお手伝いをしてくれます。

給食の時にも先生に褒められたいために苦手なものでも頑張って食べるのです。

「先生見て~!ほら、お皿ピカピカでしょう!」という子どもの自信に満ちた声に対して、先生は大げさなまでに、めいっぱい褒めます。

(2)ライバルに勝ちたい

3歳くらいになると、給食を完食した子が先生に褒められているのを見て、悔しいという思いが出てきます。

いつも褒められる子をライバル視して、その子に負けたくなくて苦手なものを頑張って食べる姿は、とても子どもとは思えないほどです。

こういう経験が、これから先、受験や就職、社会人となった時の土台となっていくのだといつも思います。 

(3)お腹がすいている

保育園の子どもが給食をよく食べる理由は、実はとっても単純明快。

保育園では午前中に体をたくさん動かして遊ぶため、とてもお腹がすくのです。

家庭だとご飯の前にお菓子を食べることもありますが、保育園だとそうはいきませんよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.