子育て情報『どうして寝てくれないの…?ギャン泣きする赤ちゃんにイラッとした時のココロの対策』

2016年9月18日 22:30

どうして寝てくれないの…?ギャン泣きする赤ちゃんにイラッとした時のココロの対策

■問題は「赤ちゃんが眠れないこと」

さて、泣いている赤ちゃんは、眠れなくて、懸命にそれを伝えようとしています。

いらだってしまうのは、赤ちゃんの“気持ちの表現方法”に、気持ちを振り回されてしまっているからです。

気持ちを落ち着けて、“赤ちゃんが眠れるように、今自分ができることは何かな?”ということを探ってみましょう。

そういう視点になると、心が乱れて振り回されていた状態がおさまると思います。

■全て試しても寝なかったら、あきらめが肝心

何をどうしても、わんわんと泣いて寝ない赤ちゃんは、もしかしたら、ただ単に、“泣きたいだけ”かもしれません。

それとも、ありあまるエネルギーを寝る前に消耗する必要があるのかもしれません。

筆者の経験からも、そういうことが確かにあった、と感じたことがあります。

そう感じたら、「好きなだけ泣いていいよ」と、安全なところに寝かせてあげて、ママは家事などをして様子を見ていましょう。

放置するのではなく、時々、「まだ泣きたいのね」「ママはここにいるからね」などと声をかけてあげてくださいね。

「どうしても寝かさなきゃ!」と必死なママの気持ちが一転して、「そのままでいいよ」と落ち着いた途端に、赤ちゃんが穏やかに寝入ることも、とてもよくあることです。

いかがでしたか?

一所懸命なママは、一人残らず本当に尊い存在です。

そんなご自分を誇りに感じて欲しいなと思います。

そして「たまには寝たくないよね」と、寝ない赤ちゃんはもちろん、何もできない自分も許してあげてくださいね。

(mica)

【画像】

※ SpeedKingz,  / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.