子育て情報『医者から大丈夫と言われたけど…話題の「マタ二ティー旅」で実際に起きたトラブル』

2016年9月23日 20:00

医者から大丈夫と言われたけど…話題の「マタ二ティー旅」で実際に起きたトラブル

これからママになる人の中には、赤ちゃんが生まれる前に「夫婦2人での思い出作りに旅行に行きたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

確かに、赤ちゃんが生まれるとゆっくり旅行できなくなってしまうので、「今のうちに」と思いますよね。

目次

・マタニティー旅のオススメ時期はいつ?
・事前にチェック!マタニティー旅の前に知っておきたいこと
・危険もいっぱい!? マタニティー旅のトラブル事例
・筆者の心得


旅行先でリラックスすることは、お腹の赤ちゃんにもママさんの体にもよい影響を与えますが、旅行先での慣れない環境で体調が悪くなることや、赤ちゃんへの影響が気になり、旅行に行くか悩んでいるママも多いかと思います。

今回は、妊娠中の旅行についてお伝えいたします。

医者から大丈夫と言われたけど…話題の「マタ二ティー旅」で実際に起きたトラブル


■マタニティー旅のオススメ時期はいつ?

(1)妊娠初期

妊娠初期は、体調の変化も激しく、流産の危険もあります。

つわりが少なく、出血や腹痛がないとしても油断は禁物。

医師からの許可があったとしても、胎盤など、まだ赤ちゃんがお腹の中で安定していないので、旅行は避けたほうが無難です。

(2)妊娠中期

胎盤も安定し、体調の変化も少なくなってきます。時期としては、旅行に適しているといえます。

しかし、絶対に無理はしないこと!

長い移動や徒歩の多いプランは早産の危険があるため避け、ゆったりとしたプランで楽しみましょう。

(3)妊娠後期

お腹が大きくせり出してきます。また、お腹が張りやすくなり、張った状態が多くなると早産の危険が高まります。

また、体調面でも、赤ちゃんへ血液を送るためママの体にも負担が大きくなっていたり、妊娠中毒症にもなりやすい時期ですので、旅行に行くときは、より一層の配慮が必要です。

■事前にチェック!マタニティー旅の前に知っておきたいこと

(1)旅行保険

ママさんでも加入できる旅行保険があります。

保険会社により保証は異なりますが、旅行期間中、妊娠の異常を原因とした治療や出産に関するものを含んでいる商品もありますので、旅行前に必ずチェックしておきましょう。

(2)マタニティーープランがある宿泊施設

旬の食材で体に優しく、むくみや貧血などに配慮したメニューをいただけたり、浴衣ではなくパジャマの用意や抱き枕が貸してもらえるため、リラックスして過ごすことができます。貸し切り風呂を利用できるプランもあり、人目を気にせず、大きなお腹でもお風呂を楽しめます。

■危険もいっぱい!? マタニティー旅のトラブル事例

マタニティー旅でのトラブルは、思っているよりたくさんの人が経験しています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.