子育て情報『なんでも投げちゃう1歳児!ママが試したい「効果的なしつけ」法』

2016年10月31日 12:06

なんでも投げちゃう1歳児!ママが試したい「効果的なしつけ」法

なんでも投げちゃう1歳児!ママが試したい「効果的なしつけ」法
source:http://www.shutterstock.com/
1歳を過ぎるとよく見られる困った行動と言えば、「物を投げること」です。

あげたお菓子や物を投げたり、突然、手に持っていたおもちゃを人に向けて投げつけ、他の子をケガさせてしまうのではないかとヒヤヒヤすることもありますよね。

叱っても全く効果がないけれど、放っておけばエスカレートしてしまうのではないかという心配もあります。

そこで今回は、物を投げるわが子に、どう接すればよいかを元保育園園長の筆者がお伝えします。

なんでも投げちゃう1歳児!ママが試したい「効果的なしつけ」法


藤實 智子元認可保育園園長。現在は一時保育室「ママズスマイル」の施設長として0歳から6歳までの乳幼児を預かる。同時に、なぜ保育士が増えないのか、待機児童が減らないのかという問題を現場の立場から考え解決するため、保育施設のサポートや保育士の相談事業等を行う。

なぜ何でも投げちゃうの?理由は?
子どもが物を投げるのには、いくつかの理由があります。

・気に入らないことがあり“かんしゃく”を起こして、その場にある物を投げる

・遊びのつもりで投げる(親の反応を楽しむ)

・ただ単にいらないものを投げる

これらの理由は、子どもが物を投げる前後の行動で読み取れます。

まずはわが子がどのような理由で投げるのかを考えてみましょう。

なぜ投げてしまうのかを考えて“子どもの気持ちをくみ取ること”が一番大切なことだからです。

投げる子どもをしつけるためのポイントは?
なんでも投げちゃう1歳児!ママが試したい「効果的なしつけ」法
source:https://www.shutterstock.com/
しつけのポイントは、「短く、静かに、冷静に」です。

子どもが物を投げた時には、まずママが深呼吸をして「危ないからダメよ」と子どもの目を見て静かに伝えます。

この時に一番大事なのが深呼吸をして“ワンクッション”おくことです。

ママが感情的になってしまうと、子どもの心も落ち着かなくなってしまうため、しつけでは最も良くないパターンです。

ママが怒ることを面白がって、わざと投げる子もいますよね。そのような場合には、静かに「いけない」ということを伝えたら、また投げることを繰り返しても相手にしないで放っておいてみましょう。

それでも繰り返すようなら、かまってほしい、遊んでほしいというサイン。

身体を使った遊びなど、子どもの好きな遊びを一緒に楽しむことが効果的です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.