子育て情報『離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法』

2016年10月18日 22:30

離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法

離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法
source:http://www.shutterstock.com/
「産後クライシスを回避する方法を教えてください」

と、著者は夫婦についての取材などで、最近何度か聞かれました。

産後クライシスは今まで恋人気分の関係だった二人が、”子どもを育てるためのチーム”へ変わるための通過儀礼のようなものです。回避するより、うまく利用して下さい。

妊娠から産後に、ママの気持ちが不安定であることは、あなたが家事も育児もすべて一人で抱え込んでつぶれてしまう前に、誰かにSOSを出させるための、人間の生物としてよくできた仕組みなのです。

この時期は、不満や怒りをぶちまけながら、赤ちゃんとパパとママ、みんなが幸せになれるバランスを家族で探していく時です。

離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法

山本 ユキコ心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2,000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」

「破局」に向かう喧嘩とそうでない喧嘩
離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法
source:http://www.shutterstock.com/
産後クライシスの時期の目標は“離婚しない”こと。あまり高望みしないで、この時期は喧嘩もしながら乗り切りましょう。

結婚と家族研究の第一人者であるワシントン大学のジョン・ゴットマン博士は、“怒り”や、“不満”を吐き出すことは、夫婦関係の破局にはつながらないことを明らかにしています。

しかし、“非難”は関係に壊滅的に影響するとしています。

例えば、

○不満:「昨日の夜、床掃除をしなかったでしょう。それで怒っているのよ。交代で床掃除する約束だったでしょう」

×非難:「あなたはどうしていつも忘れっぼいのよ。いつもいつも私が床掃除をして、あなたは無責任なのよ」

不満は、夫があなたの期待を裏切った行動に対するもので、非難は相手の人格を否定するものです。罪を憎んで人を憎まず。行動に怒りをぶつけても人格攻撃は控えましょう。

しかし、そこがこらえられないのが産後クライシス。どうしても夫の人格攻撃をやめられない時は、あなたがストレスを限界まで抱えているサインです。まずは自分にもっと優しくしてみてください。心身の疲労が軽減すれぱ、自然と気持ちもラクになります。

喧嘩のしかたより、“お祝い”が大事
実は、カリフォルニア大学心理学部教授のシェリー・ゲーブル博士の研究で、カップルの幸福度は、不満の表し方や、喧嘩の仕方といった、不満なことへの対応よりも、うれしいことへの対応が大事であることをしめしています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.