子育て情報『赤ちゃんが窒息死!? 実は気を付けたい「添い乳の危険」5つ』

2016年10月22日 21:30

赤ちゃんが窒息死!? 実は気を付けたい「添い乳の危険」5つ

赤ちゃんが窒息死!? 実は気を付けたい「添い乳の危険」5つ
source:http://www.shutterstock.com/
毎日の数時間おきの授乳は本当に大変!

生後間もない赤ちゃんだと、夜中でもまるでタイマーがセットされているかのように2~3時間で泣いてママに知らせてきますから、産後はまとまって寝ることができず、睡眠不足から体調不良になるママも多いと思います。

そんな時には寝ながら授乳できる“添い乳”がとても楽ですね!

実際に毎日それで寝かしつけている方も多いかと思いますが、実は添い乳には危険も隠されていることをご存知ですか?

添い乳にはメリットもありますが、絶対に知っておいていただきたいデメリットについても今日はお伝えいたします。

赤ちゃんが窒息死!? 実は気を付けたい「添い乳の危険」5つ
Yunoヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。定期的に親子写真・マタニティフォトの撮影会を開催。最近ではカジュアルにオシャレなウエディングができる“古民家ウエディング”の企画を立ち上げました。1泊2日の滞在型で家族の絆を深める場を提供します。

ナゼ「添い乳」がママウケするのか?
それはやはり“楽だから”です!

夜中に起き上って、抱っこして授乳するってかなり大変ですからね。

しかも抱っこの状態からベッドに戻そうとすると、またスイッチが入って泣き始めたり……そしてまた1から授乳のやり直し。

これが毎日続いては、いくら体力のあるママでも疲れますし、ワーママの場合は仕事にも影響が出てしまいます。

その点添い乳なら、ママも起き上らずに泣いた赤ちゃんを引き寄せて、寝ながら授乳するだけですから本当に楽です。

他にもこんなメリットも。

(1)赤ちゃんも完全に目が覚めない状態で飲めるので、また眠りに入りやすい

(2)寄り添うことで親子のスキンシップができる

このように添い乳はママにも赤ちゃんにも良いことがあります。しかし、実は危険性もあるのです。

実は気を付けたい!「添い乳の危険」5つ
赤ちゃんが窒息死!? 実は気を付けたい「添い乳の危険」5つ
source;http://www.shutterstock.com/
素晴らしい添い乳には、実はデメリットもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.