子育て情報『災害時にも備えたい「液体ミルク」がそろそろ解禁になるかも…!』

2016年10月21日 21:30

災害時にも備えたい「液体ミルク」がそろそろ解禁になるかも…!

災害時にも備えたい「液体ミルク」がそろそろ解禁になるかも…!
source:http://www.shutterstock.com/
東日本大震災などで活躍し注目された“乳児用液体ミルク”ですが、残念ながら、まだ、日本で購入することはできません。

しかし、やっと政府が、乳児用の液体ミルクを解禁する方向で検討に入ったとのニュースが大きく取り上げられていました。

一体、乳児用液体ミルクって何?と、知らない人も多いですよね!

今回は、とっても便利な乳児用液体ミルクをご紹介します。

災害時にも備えたい「液体ミルク」がそろそろ解禁になるかも…!

山田みき自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コンテスト優勝及び上位入賞の経験をもつ。

液体ミルクって知ってる?
災害時にも備えたい「液体ミルク」がそろそろ解禁になるかも…!
source:http://www.shutterstock.com/
海外では、粉ミルク同様、もしくは、粉ミルクより一般的な“乳児用液体ミルク”というものがあります。

これは、ぺットボトル容器にはいった乳児用ミルクで、キャップをあけて、哺乳瓶用乳首を装着して、そのまま常温で使用できる優れものです。

海外では、粉ミルクと同様、薬局やスーパーで手に入り、病院では積極的に使用されているようですが、日本では、まだ製造販売が認めらていませんでした。

ところが先日、前述した通り、政府が国内での販売が認められていない乳児用の液体ミルクを解禁する方向で検討に入ったとのニュースがありました。

2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針で動いているようです。

日本でも、私たちの手に入る日が近そうですね。

液体ミルクのメリット・デメリットは?
便利といわれている液体ミルクの良い点と悪い点はなんでしょうか?

<メリット>
・水が必要ない
・常温で飲める
・使い捨てのため消毒不要
・簡単に飲ませることができ、パパにも使いやすい
・粉ミルクより赤ちゃんが栄養を吸収しやすい

特に、災害時は、地震のショックから母乳が出なくなるママもいます。しかし、安全な水が調達できない、水が手に入ってもお湯にできないなどの理由から、赤ちゃんに与えるミルクが作りにくくなります。

また、筆者のように、粉ミルクを利用していると、お出かけバッグには、哺乳瓶、粉ミルク、お湯を入れたポットと水のポット、というように荷物が多く、重たくなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.