子育て情報『妊婦さん必見!産休前に「引継メモ」を3部残すべき理由【#1】』

2016年10月24日 20:00

妊婦さん必見!産休前に「引継メモ」を3部残すべき理由【#1】

妊婦さん必見!産休前に「引継メモ」を3部残すべき理由【#1】
source:http://www.shutterstock.com/
長年幼児教育に携わった後、男女2児の子育てをしながら独立開業。起業や予定管理についてのノウハウを綴った女性目線な2冊「はじめよう!おうちサロン」「幸運手帳術」の著者・赤井理香が、ワーキングマザーのお悩みにお答えする【働くママの子育て駆け込み寺】連載スタートです!

まずは、これだけは押さえておきたい“産休前の準備”について、「仕事編」「手続き編」「家庭編」の3部構成でお伝えします!

妊婦さん必見!産休前に「引継メモ」を3部残すべき理由【#1】
赤井 理香幼稚園教諭、保育士、能力開発講師と長年幼児教育に携わる。現在はカウンセラー、講師として活動中。著書に「はじめよう!おうちサロン」と「『最高の自分』を引き寄せる!幸運手帳術」がある。男女二児の母。

仕事の引き継ぎは「文書化」マスト!3部のコピーでトラブル回避
産休に入る前に、今まで自分が担当してきた仕事の引き継ぎを行いましょう。引き継ぎのポイントとして、なるべく口頭だけでなく文書化することをオススメします。

こちらが伝えるのを忘れることもありますし、伝えたとしても、相手の記憶に残らないこともあります。
人の脳は意外と忘れっぽくていい加減です。

自分がいない時に、後から言った言わないのトラブルが起こらないように、仕事内容について、産休に入る前に少しずつでも文書化して、そのコピーを3部取り、一つは引き継いでくれる相手、一つは会社、一つは自分で保管すると確実です。

文書を見ながら引き継いでくれる人と一緒に確認することで、記憶に残りやすく、相手にとっても親切です。

仕事内容によっては、文書化が難しい場合も多々ありますが、できる範囲で文字化することで、後のトラブル回避につながります。

産休に入る直前にはこの3つを忘れずに
妊婦さん必見!産休前に「引継メモ」を3部残すべき理由【#1】
source:http://www.shutterstock.com/
1・私物を持ち帰る
2・会社の物は返却
3・挨拶まわり

自分の私物の持ち帰り忘れや、会社の備品の返却し忘れがないように、直前まで使うものはチェックリストを作って最後に確認しましょう。「産休は当然の権利だから挨拶回りは必要ない」と考える方もいるようですが、権利といえども、人が介在することには感情がつきものです。

ちょっとした気遣いで、お互い気持ちよくいられるのであれば、長い目で見た時にそちらの方がずっとプラスが多いのではないでしょうか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.