子育て情報『男という生き物は「お姉さんのお尻」がお好き。#09 』

2016年10月28日 21:30

男という生き物は「お姉さんのお尻」がお好き。#09 

男という生き物は「お姉さんのお尻」がお好き。#09 
source:http://www.shutterstock.com/
自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者で、妻の壮絶な産後ウツを経験した村橋ゴローが、わが子(愛称グラ太)の育児に日々奮闘し、パパとなっていく育児連載シリーズ『ゴローパパの泣き笑い育児』をお届けします。

前回は、子ども靴”ニューバランスあるある”についてお届けしましたが、今回は男の習性についてです。

男という生き物は「お姉さんのお尻」がお好き。#09 


村橋ゴロー72年、東京都出身。大学生のときライターデビュー。以降、男性誌から女性誌、学年誌など幅広い分野で活躍。千原ジュニア田村淳タカアンドトシ次長課長高橋克典など多くの芸人、俳優陣の連載構成を手掛ける。3年に及ぶ、自身の不妊治療奮闘記をまとめた著作『俺たち妊活部』(主婦の友社刊)が好評を博す。また主な構成/著作に、『すなわち、便所は宇宙である』シリーズ(千原ジュニア著・扶桑社刊)、累計200万部突破した『GO!GO!バカ画像シリーズ』、『裏モテの秘策』(ともにKKベストセラーズ刊)などがある。結婚以来11年間、炊事・洗濯・掃除をこなす兼業主夫でもある。

◆◇ゴロー一家のプロフィール◇◆

男という生き物は「お姉さんのお尻」がお好き。#09 
illustllation by It Mama

きれいなお姉さんが大好き
あれはグラ太が1歳を過ぎたころか。ファミレスでお子さまポテトを一心不乱に頬張るグラ太。すると彼は視界に何かを捉え、「あ、大好きなアレだ!」とばかりに後方を振り返る。

何かと思いグラ太の視線を追うと、そこにあったのはファミレスのお姉さんのお尻!そして何と、まさかの二度見!

ああ、やはりこの子は女の人が大好きなのかと、確信した瞬間だった。

まだ赤ちゃんに毛が生えた程度の1歳児だから、丸みを帯びた女性的なものを目にしたら興味津々なのはよくわかる。しかしグラ太の女好きは、2歳になってからより顕著になった。

先週、親子3人であるセレクトショップに行くと、25歳くらいのきれいな女性店員さんが。

そのお姉さんを見つけたグラ太は急にモジモジしだし、母親の後ろに隠れる始末。そして母親の脚を壁のようにし、そこからチラチラとお姉さんを見て、目が合うと、またキャッと隠れる。

「勝手に照れてんじゃねーよ」(笑)

産まれてすぐから誰に対しても愛想がよく、レジのおばちゃんやすれ違う他のママにも手を振り、笑顔を振りまいていたグラ太。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.