子育て情報『お手伝いにも応用可能!「子どものやる気」をくすぐるコツ #14 』

お手伝いにも応用可能!「子どものやる気」をくすぐるコツ #14 

2016年10月27日 20:00
 

お手伝いにも応用可能!「子どものやる気」をくすぐるコツ #14 
source:http://www.shutterstock.com/
子どもは大きくなるにつれて、学ぶことも増えていきますし、勉強をすることが必須になります。

親としては、子どもに自発的に勉強に取り組んでもらい、いろんなことを学んでほしいと願っていると思います。

積極的な姿勢というのは、自分に自信を持つことから生まれます。子どもに「できる!」と思ってもらうことが重要なんですね。

何事においても、まずは子どものやる気を引き出してあげることがポイント。

2人の子どもを東大に入れた江藤真規の著書『勉強ができる子の育て方』にそのような子育てについて説明がありました。

筆者の経験も踏まえて、特に幼児期に参考になるコツをご紹介していきます。

お手伝いにも応用可能!「子どものやる気」をくすぐるコツ #14 


三尾 幸司1979年生まれ。3児のパパ。某IT企業で営業をしながら、ワークライフバランスを実現し、たまに組織改革やダイバーシティ、女性活用などの推進に取り組み。また、NPO法人コヂカラ・ニッポンのメンバーとして、コヂカラMBAプロジェクトを進めており、子ども向けのキャリア教育やビジネスワークショップを実施。大手企業の社員の子どもや沖縄の高校生など、幅広く講演やワークショップを実施。プライベートでは小中一貫校のPTA会長(4年目)として活動中。厚生労働省の「イクボスアワード2016 特別奨励賞」を受賞。

お手伝いにも応用可能!「子どものやる気」をくすぐるコツ #14 
source:http://www.shutterstock.com/子どもの「やりたいこと」をやらせてあげよう
子どもに自信を持ってもらう最も手っ取り早い方法は、子どもが「やりたい」と思うことをやらせてみることです。

親はつい自分がやって欲しいことをやらせがちですが、子どもが自ら「やりたい」と思ったことであれば、楽しんで続けてくれます。

やりたくないことを無理やりやらせるのはできるだけ避けた方がいいですが、どうしても子どもに習わせたい習い事があるのであれば、少しずつその面白さを伝えていくといいでしょう。

たとえば、海や川へ遊びに行って溺れないようにスイミングを習わせたいけど、水に入るのが嫌だという男の子がいます。でも毎日お風呂には入っているので、お風呂で楽しくもぐって遊んで、水を楽しいと感じてもらえれば、「スイミングもお風呂と同じで楽しいよ」と言えますよね。

子どもが興味や関心を持っているところに焦点をあてて、親がこどもにやってもらいこととひもづけて面白さを伝えてあげてください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.