子育て情報『人参・ピーマンもパクパク!? 「秋鮭の南蛮漬け」アレンジ2つ』

2016年10月29日 11:45

人参・ピーマンもパクパク!? 「秋鮭の南蛮漬け」アレンジ2つ

人参・ピーマンもパクパク!? 「秋鮭の南蛮漬け」アレンジ2つ


子どもの好き嫌い……ないほうが奇跡!ですよね。

わが子も例外ではなく、手を焼いていたのですが、ある時、「進んで食べてくれる法則」に気がつきました。

それは“切り方”。

多くの子どもがうどんなどの細なが〜い麺類が好きなように、野菜も“細切り”にすると、興味を持って口に運んでくれます。野菜特有の苦みやえぐみを感じにくいのかもしれません。

野菜を食べてくれなくて……とお困りのママへ、今回は、細切り野菜もパクパク食べられる「秋鮭の南蛮漬け」をご紹介します。

人参・ピーマンもパクパク!? 「秋鮭の南蛮漬け」アレンジ2つ


ヤナイユキコ料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材の経験を生かし、食品メーカーへのレシピ考案も行う。現在は育児の傍ら、おいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる。

酸っぱくないから食べやすい。「秋鮭の南蛮漬け」レシピ
今回は、そんな細切り野菜がたっぷりの「秋鮭の南蛮漬け」をご紹介したいと思います。

調味料の配合と、南蛮酢を一度沸かすことで酸味に丸みがでます。

今が旬の秋鮭。ふっくらとした身のおいしさは、生鮭ならではです。

●食べられる月齢の目安:離乳食完了期(12〜18か月)から

鮭の骨はしっかり取り除いてください。大人と同じものを食べ始めたばかりの頃は、離乳食用に南蛮酢を大人用と分け、薄めたもので漬け込むようにしましょう。

●保存期間:約4日間

保存期間は目安です。各ご家庭の保存状況によって異なります。

保存する際は清潔な容器をご用意ください。また、よく冷めてから蓋をし、冷蔵庫で保存してください。

人参・ピーマンもパクパク!? 「秋鮭の南蛮漬け」アレンジ2つ


RECIPE
●材料(4人分)

生鮭・・・4切れ
人参・・・1本
玉ねぎ・・・1/2個
ピーマン(赤・緑)・・・各1個
昆布・・・5cm角
醤油・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
酢・・・大さじ2
水・・・150m
オリーブオイル・・・適量
小麦粉・・・適量

●つくり方

(1)生鮭は塩少々を振り(分量外)、10分程度置く。ツヤツヤと水分が浮き上がってきたら、キッチンペーパーなどで拭き取る。

このひと手間で生臭みが取れる。皮と大きな骨を取り、3〜4等分に切る。

人参・ピーマンもパクパク!? 「秋鮭の南蛮漬け」アレンジ2つ
Photo by Author
(2)南蛮酢をつくる。昆布はキッチンばさみで細切りにし、鍋に入れる(顆粒昆布だしでも可)。

水を入れて火にかけ、沸いたら、醤油、砂糖、みりん、酢を加え、さらに一度沸かしてから、火を止めて冷ます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.