子育て情報『今すぐGET!保育園で重宝される秋冬ファッションアイテム』

2016年10月30日 11:45

今すぐGET!保育園で重宝される秋冬ファッションアイテム

今すぐGET!保育園で重宝される秋冬ファッションアイテム
source:http://wear.jp/
朝晩は冷え込みが厳しくなり、保育園に向かうママと子どものファッションもすっかり秋色になってきましたね。

今回は、元保育園園長の筆者がこの時期の通園服選びのポイントについて、経験を元にお伝えします。

今すぐGET!保育園で重宝される秋冬ファッションアイテム


藤實 智子元認可保育園園長。現在は一時保育室「ママズスマイル」の施設長として0歳から6歳までの乳幼児を預かる。同時に、なぜ保育士が増えないのか、待機児童が減らないのかという問題を現場の立場から考え解決するため、保育施設のサポートや保育士の相談事業等を行う。

保育園でのNGファッションは「タイツとジーンズ」
女の子のママたちが着せたい冬の定番ファッションといえば、タイツにスカートでしょう。

ただ、これは保育園では一番のNGファッションです。

乳児期はまだ歩行が安定しないため、靴下を履いていると滑ってしまうので保育園の多くが裸足で過ごしています。

タイツも例外ではなく、履かせていると滑るため保育園では脱がすことが多いのです。

ジーンズのようなピッタリとしたパンツも、子どもが動きづらく、おむつの交換時も着脱が大変なためNGアイテムです。

保育園で一番良いのは、肌着、長袖Tシャツ、ウエストにゴムが入ったズボンというシンプルなファッションです。

柄やデザインにこだわれば、シンプルな服もお洒落に着こなすこともできます。

保育園児におすすめの秋冬アイテム
今すぐGET!保育園で重宝される秋冬ファッションアイテム
source:http://wear.jp/
保育園に一番適しているアイテムは”ウインドブレーカー”です。

朝晩は冷えていても、日中は冬でもポカポカとしています。

ウインドブレーカーのように薄い上着でも、風さえ通さなければ寒いということはありません。

身体を動かしてもダウンジャケットのように熱がこもり過ぎることもありません。

また、あまりにモコモコとしたコートを着ていると、動きづらくてすぐに転んでしまうこともあります。

できれば保育園のお散歩用にウインドブレーカーを園に置いてもらうと良いでしょう。ウインドブレーカーだと、汚れたら簡単に洗濯できるというのもおすすめポイントの一つです。

自分で着させるコツって?
2歳頃になると何でも自分でやりたがる「自分で!」の時期が始まります。

忙しい朝の時間帯にこれが始まると、ママは待てずにイライラしてしまうことも。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.