子育て情報『よく観て!子どもの「好奇心」を高める方法【マインドフル子育て#03】』

2016年11月5日 21:00

よく観て!子どもの「好奇心」を高める方法【マインドフル子育て#03】

よく観て!子どもの「好奇心」を高める方法【マインドフル子育て#03】
source:http://www.shutterstock.com/
小さな子どもは「好奇心の塊」。乳幼児にとっては、目に見えるもの手に取るもの全てが新鮮で、不思議に満ちています。

3歳頃にもなれば、「なんで?」「どうして?」とママへの質問攻めが始まる子も多いでしょう。

好奇心は、その後の“学力を伸ばす鍵”ともされています。

好奇心溢れる子は、同じ物事を前にしても生き生きと目を輝かせ、日常をより楽しんでいるようにも見えます。大きくなっても、好奇心旺盛な大人というのは、いつまでも若々しく魅力的だと思いませんか。

今回は、好奇心を育むために、赤ちゃん時代から心がけることのできるヒントを、「マインドフル子育て」2分トレーニングと共に、お伝えします。

よく観て!子どもの「好奇心」を高める方法【マインドフル子育て#03】


長岡真意子子育て研究人。世界中旅をしながら人類学を学ぶ。北米で2男3女を育てつつ、大学講師から幼児教室主宰まで、幅広い年齢&文化背景を持つ子ども・青年の「育ち」に携わる。実家は保育園。高校地理歴史教員免許&学芸員免許を資格に持つ。

2分で実践できる!好奇心を高めるトレーニング
(1)身の回りで目につく「自然のもの」をひとつ選ぶ

(2)選んだものを「初めて見る」かのような気持ちで観てみる

(3)細部までじっくりと観察する

草花、野菜、果物、雲、月など、なんでもいいです。

初めて目にするときの、新鮮さと好奇心をもって、隆起、くぼみ、色、艶、光の当たり具合、表面のなめらかさ、縁、輪郭などを観ます。

いかがですか?

小さな子の目には、世界がこんな風に見えているのかもしれませんね。

大人が「子どもの好奇心」を奪っていた?
よく観て!子どもの「好奇心」を高める方法【マインドフル子育て#03】
source:http://www.shutterstock.com/
子どもの好奇心を育むには、まずは、子どもが何に興味を向けているのか、「観る」ことです。

米国インディアナ大学の研究チーム(※ 2)は、乳幼児と親が玩具で遊ぶ様子を、「両者の目の動き」に注目して調査しました。

すると、親が子どもに向き合う姿勢というのは、大きく「2つのグループ」に分けられたといいます。(1)乳幼児が特定の玩具に興味を持つよう強制する

親は、乳幼児が特定の玩具に興味を持つよう、玩具をかざして注意を引きつけようとし、使い方を見せ、名前や仕組みを教えてやろうと一生懸命です。

(2)乳幼児に遊びを導かせる

親は、乳幼児の様子を注意深く見守ります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.