子育て情報『可愛い女の子にしたい!「父親の遺伝子」の方が母親より優勢的って本当?』

2016年11月6日 22:00

可愛い女の子にしたい!「父親の遺伝子」の方が母親より優勢的って本当?

可愛い女の子にしたい!「父親の遺伝子」の方が母親より優勢的って本当?
source:http://www.shutterstock.com/
「お腹の子は、男の子か女の子か?」両親にとってこのことはやはり気になるところ。

傾向として、「女の子のほうが育てやすい」「将来的に女の子のほうが実家によく帰ってきてくれる」などの理由から、女の子を望むママも多いようです。

女の子を望む場合、特に「容姿はどっちに似る?」ということが気になることかもしれません。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が“女の子は夫婦どちらに似るのか?女の子を将来可愛い子にするために大切なこと”についてお伝えします。

可愛い女の子にしたい!「父親の遺伝子」の方が母親より優勢的って本当?


黄本恵子3万人を超える人の悩みを解決するコーチ&カウンセラーとして活躍。 2010年、その経験を活かしてコミュニケーション心理スキルを紹介する、コミュニケーションライターとして独立。一般社団法人日本聴き方協会認定シニアインストラクター・認定シニアカウンセラー。RIRA認定ルーシーダットンインストラクター。

「父親の遺伝子」の方が母親のものよりも優勢的!?
昔から「女の子は父親に似る」とよく言われますが、実際のところどうなのでしょうか?

子どもが両親のどちらに似るか?については、いろんな諸説がありますが、2015年に発表されたノースカロライナ大学医学部の研究によると、“哺乳類の遺伝は、父親の遺伝子の方が母親のものよりも優勢的に遺伝する”ことが判明したそうです。

実験では、異なる国や遺伝的に違うマウスを交配し、父親のDNAが母親のDNAより優性遺伝したという結論に達しました。

この研究は、まだ実験用マウスの段階なので断定はできませんが、人間でも同じ結論に至る可能性は十分にあるとのこと。

もし、この実験が人間にも当てはまるのなら、産まれてくる子が男の子であれ女の子であれ、夫に似る子が産まれる確率は高くなるということですね。

ちなみに、筆者の周りを見渡してみると、女の子はママよりパパ似の子が多いように感じるのですが、みなさんの周りはいかがでしょうか?

女の子を将来的にチャーミングな子にするためには?
可愛い女の子にしたい!「父親の遺伝子」の方が母親より優勢的って本当?
source:http://www.shutterstock.com/
産まれてきた子が「パパ似で良かった!」と安心するか、「ああ、パパに似てしまった……」とがっかりするか、あなたの場合はどちらでしょうか?

パパ似であろうがなかろうが、人は遺伝だけではなく、環境によって左右されるところも多いもの。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.