子育て情報『あやすどころか特大ギャン泣き…!「魔のイヤイヤ期」パパ活用術』

2016年11月10日 21:00

あやすどころか特大ギャン泣き…!「魔のイヤイヤ期」パパ活用術

あやすどころか特大ギャン泣き…!「魔のイヤイヤ期」パパ活用術
https://www.shutterstock.com/
“魔の2歳児”なんて言葉もあるように、子どもも2歳くらいになると色々と自己主張が始まりますよね。

わが子のイヤイヤに対応に追われるママに対して、パパはどんなことをしてあげることができるのでしょうか。

そこで今回は、「イヤイヤ期」にパパだからこそできることについて紹介します。

あやすどころか特大ギャン泣き…!「魔のイヤイヤ期」パパ活用術


山田周平作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

「イヤイヤ期」はパパの目にどう映ってる?
あやすどころか特大ギャン泣き…!「魔のイヤイヤ期」パパ活用術
source:http://www.shutterstock.com/
筆者にも娘がいるのですが、やはり2歳を過ぎたくらいの頃から、徐々に「イヤイヤ期」のようなものが始ました。

何をするにもとにかく嫌がって、ひどいときには癇癪を起こして、長時間に渡りギャン泣きをしてしまうこともありました。

オムツも替えたくないし、ご飯も食べたくない。洋服にも着替えたくないし、お出かけもしたくない。

やることなすこと全てを娘に拒否されて、妻はイライラして、疲れ果てているようにも見えました。

下手に怒るとさらに逆上してしまいますし、なだめようとしてもなかなか言うことを聞いてくれなくて、ママはお手上げ状態だったのではないでしょうか。

パパがイヤイヤ期に立ち向かってみた結果「特大ギャン泣き」を招く
筆者も、そんな妻をなんとか手助けをしようとして、代わりに娘をなだめてみたこともありました。

しかし、さらに娘の機嫌を悪くさせてしまうこともしばしば……。

“ギャン泣き”から“特大ギャン泣き”になってしまい、かえって迷惑をかけてしまうだけでした。

挙句の果てに、「あっち行ってよ!」とか「パパ、うるさーい!」と娘に怒鳴られてしまい、本気でちょっとヘコむことも。

ママでもなかなかなだめられないものを、パパが上手になだめるというのは、かなり至難の業だと言えるでしょうね。 

慣れないことより「ママの助け」に
あやすどころか特大ギャン泣き…!「魔のイヤイヤ期」パパ活用術
source:http://www.shutterstock.com/
ママよりもずっと子育てに不慣れなパパがイヤイヤ期に立ち向かっても、惨敗することのほうが多いでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.