子育て情報『【今日はトイレの日】あなたは大丈夫?トイレトレーニングでやりがちな親のNG行動4つ』

2016年11月10日 18:00

【今日はトイレの日】あなたは大丈夫?トイレトレーニングでやりがちな親のNG行動4つ

【今日はトイレの日】あなたは大丈夫?トイレトレーニングでやりがちな親のNG行動4つ
source:http://www.shutterstock.com/
突然ですが、皆さんは11月10日はトイレの日だということをご存知ですか?

小さな子どもを持つママにとってトイレの悩みと言えば、何よりトイレトレーニングですよね。

4月から入園なのにまだオムツが取れてなくて困っている、なんていうママもいるのでは?

でも、その原因は、もしかしたら子どもだけじゃないかもしれませんよ。

そこで今日は、トイレトレーニングでやりがちな、親のNG行動についてご紹介します。

今が絶好の機会?トイレトレーニングのベストタイミング
トイレトレーニングというと、春から夏かけて行うもの、というイメージがありますよね。

その理由は、暖かく汗をかき始めるためにおしっこの出る回数が減り、たとえおもらしで洗濯ものが増えても、乾きやすいから。

しかし、トレーニング開始のベストタイミングは、子どもがトイレに興味を持ち始めたり、”おしっこが出そう” ”おしっこをしたい”という感覚を覚え、サインを出した時です。

逆に考えれば、寒くておしっこの回数が増える冬は、“おしっこをしたい”という子どものサインが出やすい時期でもあります。

冬は、子どものトイレぐせをつける絶好の時期とも言えるのですね。

トイレトレーニングでやりがちな親のNG行動
【今日はトイレの日】あなたは大丈夫?トイレトレーニングでやりがちな親のNG行動4つ
source:http://www.shutterstock.com/
(1)トイレに誘いすぎる

絶好のタイミングでトイレトレーニングを開始しても焦りは禁物。ママが焦れば焦るほど、子どもにとってはプレッシャーです。

おしっこが出ないのに、頻繁にトイレへ連れて行き、「まだ出ないの?」「ちゃんとトイレでおしっこしなさい」というような言葉をかけると、子どもはどんどんトイレが嫌になってしまいます。

子どもが「トイレは誘われたらいくもの」と思ってしまわないよう、食事の前後や寝る前、起きてすぐ、あとは活動の切れ目などだけ誘うようにしましょう。

(2)失敗したときに叱る

「出た」と子どもが言ったときは、つい「何で出る前に言わないの?」と言いたくなりますよね。子どもの気まぐれに振り回されるために、一喜一憂しがちなトイレトレーニングですが、たとえ失敗しても、叱ることは厳禁です。

叱られたことがトラウマになり、子どもはトイレが嫌いになってしまいます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.