子育て情報『言ってない?NG親が使いがちな「子どもの自信を奪う」フレーズ2つ』

2016年11月26日 21:30

言ってない?NG親が使いがちな「子どもの自信を奪う」フレーズ2つ

言ってない?NG親が使いがちな「子どもの自信を奪う」フレーズ2つ
source:https://www.shutterstock.com/
ママの言葉は、子どもへの影響力がとても大きいもの。

大好きなママがどんなことばをかけてくれるかで、子どものやる気や自信に大きな差がでます。

子どもは本来、自分に対して肯定的で、向上心であふれています。

今回は、そんな子どものピュアな心を傷つけてしまう、親がつい言ってしまいがちなNGワードについてご説明いたします。

言ってない?NG親が使いがちな「子どもの自信を奪う」フレーズ2つ


Nao Kiyota塾講師ライター。子どもたちが“もっと夢中で”学べる環境作りに日々格闘している。美容・健康分野でも執筆活動中。【保有資格】小学校教諭/特別支援学校教諭/心理カウンセラー/ダイエットアドバイザー/リンパケアセラピスト

言ってない?子どもを傷つけるNGワード2つ
言ってない?NG親が使いがちな「子どもの自信を奪う」フレーズ2つ
source:https://www.shutterstock.com/
(1)「ママ(パパ)に似て、●●なんだから」

大人は、自身の苦手分野や改めるべき点を認識しているため、謙遜の意味も込めて「●●が苦手(下手)で……」と言うことがありますよね。

子どもには自分の嫌な部分を受け継いでほしくないと思えば思うほど、同じような部分を子どもの言動に見つけると「ママに似て●●なんだから!」と否定してしまいがち。

子どもはまだまだ未熟です。やる気や練習量次第では、改善や克服できる部分がたくさんあります。

早いうちから苦手意識を植え付け、諦めさせてしまってはもったいないです。

「私に似て~」とガッカリする部分があれば、子どもに言うのではなく、サポートしたり、よりよくなるための行動に一緒に挑戦したりしましょう。

子どもも、そんな親の姿に励まされるはずですよ。

(2)身体的な特徴を否定する

身長や体型、顔つきなどの身体的な特徴を、身近な家族に、特に大好きなお母さんやお父さんに否定されると、子どもはとても傷つきます。

冗談半分で言ったつもりの「鼻が低いのは誰に似たのかしら……」「おデブさんね」などの言葉が、子どもにとってのコンプレックスになることも。大人の場合は、努力で改善することができますし、ストレスを外に向けて発散させることもできます。しかし、子どもにできることは限られています。

子ども自身の努力や工夫でも改善しにくいことについては、否定的な表現で伝えないようにしましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.