子育て情報『出産費用で9,000ドル!? 四児の母が語る「海外出産奮闘記」~できちゃった婚・妊娠編~#01』

2019年1月19日 21:45

出産費用で9,000ドル!? 四児の母が語る「海外出産奮闘記」~できちゃった婚・妊娠編~#01

目次

・天変地異のできちゃった婚、「おめでた」と大喜びの彼
・9,000ドルの出産費用…。「不安要素ばかりのアメリカ」で出産するのか?
・家族をイラだたせる「できちゃった婚」、嫌味を言われる日々
・まるで牢獄…。渡米妊婦を待ち受けていた「狭い座席、長いフライト」
出産費用で9,000ドル!? 四児の母が語る「海外出産奮闘記」~できちゃった婚・妊娠編~#01
source:https://pixta.jp/
大学卒業後、まともに就職活動もせず、ふと見つけた広告に応募し採用された、現代美術ギャラリーで楽しく働く私に向かって、ある日母はこう言放ちました。

「あんたはきっと“いきおくれ”て、30過ぎで猫と一緒に1人暮らしするんでしょうね」と。

こんな根拠も脈絡もない“呪いの言葉”を吐かれるほど、若かりし頃の私は自由に、かつ刹那的に生きていたのです。

しかし、人生には時に天変地異の如き出来事が降り掛かります。25歳で出会った彼と、次の日からおつきあいをスタート。半年後に妊娠、入籍する事に!

さらにアメリカで出産することが、たった数ヶ月の間に、あれよあれよと言う間に決まったのでした。

そう語る、今では4児の母となったmicaさんに、波乱万丈の海外出産奮闘記「できちゃった婚・妊娠編」をご自身の体験をもとにご紹介いただきます。

出産費用で9,000ドル!? 四児の母が語る「海外出産奮闘記」~できちゃった婚・妊娠編~#01


天変地異のできちゃった婚、「おめでた」と大喜びの彼

お付き合いすることになった彼は、アメリカの大学院を休学してインターンとして働いていました。

アメリカへ戻る日が近づくにつれ、「一緒には行けないね、どうしようか?」などと曖昧な空気が流れはじめた矢先、まさかの妊娠発覚。

「どうしよう!」と言う私に向かって、彼は満面の笑みで「え?おめでた!?」と言ったのです。

「その言葉って、今使うものじゃないよね、多分……」と思いつつ、あまりに嬉しそうな彼を見てツッコめずにいた私なのでした。

出産費用で9,000ドル!? 四児の母が語る「海外出産奮闘記」~できちゃった婚・妊娠編~#01
source:https://www.shutterstock.com/download

9,000ドルの出産費用…。「不安要素ばかりのアメリカ」で出産するのか?

赤ちゃんの心音を確認して、命の存在が確固たるものになってから、2人で両親へ“妊娠と結婚の報告”をしました。

私の両親は、とてもまじめで古風な人たちです。びっくりしたり、悲しんだり、怒ったりと、ひとしきり感情を波立たせました。

一段落した後に私たちの事実を受け入れてくれましたが、そこで新たな問題が浮上します。「赤ちゃんは、日本で産むの?アメリカで産むの?」

「学生の分際で……」とまでは口にしませんが、父の顔にはありありと「学生の分際で」と書いてあります。母も娘の出産は特別なようで、近くで産むことを希望しています。

一方の夫は……というと、「micaが安心できるように、micaが好きなように」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.