子育て情報『2~3歳は質問期!「なんで・どうして?」へのママの神対応3つ』

2016年11月26日 21:45

2~3歳は質問期!「なんで・どうして?」へのママの神対応3つ

2~3歳は質問期!「なんで・どうして?」へのママの神対応3つ
source:https://www.shutterstock.com/
赤ちゃんの頃は「うちの子、話し出すのが遅いのかしら……」「まだママって言わないわ」などと心配していたのに、話し始めると一気に新たなステージに突入します。

それは、子どもの「なんで・どうして?」の質問攻め。

一般的には2~3歳頃から始まります。

今回は、そんな子どもの質問攻めにもイライラしない、スマートな対応をご紹介します。

2~3歳は質問期!「なんで・どうして?」へのママの神対応3つ


佐藤 理香ベネッセなど教育業界で10年の勤務を経て、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。「子どもを地域で育てる」を目標に、学びを通じて地域のつながりを生みだしている。ビジネスコンテストで複数の受賞歴がある。

子どもが「なんで・どうして?」を繰り返すワケ
児童発達心理学では、1~2歳頃は「これは?これは?」という身の回りの全ての名前を知りたがる“命名期”。

これが終わる3~6歳に見られるのが「なんで・どうして?」をくり返す“質問期”です。

質問攻めをしてくるということは、子どもの発達が、次の段階に上がったことを意味するので、まずはわが子の順調な成長ぶりを認めてあげましょう。

この“質問期”は6歳頃には徐々に収まってくるので、それまでの数年が質問に向き合う時期といえます。

質問攻めにあったら!シーン別「神対応」3つ
2~3歳は質問期!「なんで・どうして?」へのママの神対応3つ
source:https://www.shutterstock.com/
「なんで?」の連発はこの時期特有のもの。だからこそ丁寧に答えてあげたいですよね。

とはいえ、いつも真剣に正確に答える必要性はありません。この時期の子どもは、知らないことを本当に知りたいときもあれば、“質問の行為そのもの”を楽しんでいる場合も多いのです。

単純な質問をする場合は、わかりやすい言葉を選び、ゆっくりと答えてあげましょう。大人の世界では当たり前のことも、子どもにとっては初めてのことが多いからです。

(1)3回目以降はママの「質問返し」

子どもが同じ質問を何度もする場合は、3回までは丁寧に答えて、次からは質問返しをしてみるのも良いでしょう。「あれ、さっき何て答えたかな~?○○ちゃん、覚えてない?」と聞き返すと、案外「それはね、さっき△△△って答えてたよ~」などとスラスラ答えるものです。

(2)ビックリ発言にはジョークで返そう

ビックリするような質問をされた場合は、むしろ楽しんでしまいましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.