子育て情報『ずっと同じだと飽きる?「歯がため」を変えるべきタイミングとは #19』

2016年12月5日 20:30

ずっと同じだと飽きる?「歯がため」を変えるべきタイミングとは #19

歯がためはわが子の成長にあわせて変えたい
現在8ヶ月の愛娘のお口には、上下合わせて8本の生えかけの歯がのぞいています。

今も歯茎をしきりに舐めたり、唾を“ププーッ”と吹きだしたりと、いわゆる“歯ぐずり”の反応を見せるので、むずがゆさは続いているようです。

ところが、今では愛娘がバナナの歯がためを使うことはほとんどありません。かわりに、テーブルの縁など、固くて厚みのあるものにガジガジと噛みついている光景をよく見かけるように……。

あの、鼻にバナナを刺していたころからはや4ヶ月。いつの間にか愛娘には細くてやわらかな歯がためが物足りなくなっていたのです。

口の大きさ、歯の本数、噛む力など、成長にともなって赤ちゃんの口の中もどんどん変わっていきます。

以前の歯がためでは口に合わないのだろうと、愛娘にはさっそく“固くて、厚みのある”新しい歯がためを与えました。

みなさんのご家庭でも、もしお子さんが慣れ親しんだ歯がためを使わなくなったら、それは歯やあごが成長して、また一歩大人に近づいた証なのかもしれませんよ。

ずっと同じだと飽きる?「歯がため」を変えるべきタイミングとは #19
source:youtube.com

それでは、「歯がためでカミカミ」動画本編をどうぞ!

「歯がためでカミカミ」で、イクメン野郎が感じたコト
(1)赤ちゃんの最初の歯は、早ければ3ヶ月から生えはじめるそうです。その時に大きく重い歯がためを与えても、赤ちゃんは口に運べないでしょう。最初はやはり小さくて持ちやすいものがいいですね。

(2)歯がためは種類も多く、どんなものを与えたらいいのか迷ってしまうことも。そんな時はお店で赤ちゃん自身に選んでもらうのも良いかも。愛娘も自分で選んだものは長く使ってくれました。

【参考・動画】

※ Rob Hainer / Shutterstock
※ 歯がためでカミカミ ~ 4カ月の赤ちゃんの育児 【イクメンやってます #24】

※ イクメンやってます – YouTube

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.