子育て情報『5子のママが教える!「臨月ストレス」を解消する11の工夫』

2016年12月5日 07:15

5子のママが教える!「臨月ストレス」を解消する11の工夫

ストレスで固まった身体を動かそう!
5子のママが教える!「臨月ストレス」を解消する11の工夫
source:https://www.shutterstock.com/
身体を動かすことで、ぐっすり眠れますし、ストレスも和らぎ、心の余裕が生まれますね。

(5)軽めでOK!「散歩やストレッチ」

近所を散歩するだけでも、外気に触れ気分転換になります。

屋内でも、身体をほぐし、安産を促すストレッチを実践してみましょう。骨盤のあたりをほぐしたり、足を伸ばしたり座ってできるものがオススメです。

(6)部屋の模様替え&掃除

赤ちゃんのためのお部屋を用意したり、他のお部屋もカーテンやベッドカバーを変え、お気に入りの飾りつけをしてみましょう。

引き出しや戸棚にたまった不必要なものを手放し、床や窓を磨いたり、普段手をつけないところまで掃除してみます。

運んだり拭いたりと身体を動かし、心地ちよく整った部屋で過ごすなら、気持ちもサッパリとします。

「妊娠最後の期間」を思いっきり楽しみましょう
5子のママが教える!「臨月ストレス」を解消する11の工夫
source:https://www.shutterstock.com/
泣いても笑ってもせいぜい1ヶ月前後で大きなお腹ともさよならです。ならば楽しむ工夫をしましょう!

(7)マタニティフォトを撮る

筆者のママ友達に、「妊婦ヌード専門」の写真家がいます。

「ママの身体に赤ちゃんの生命が息づいている神秘に魅せられた」そうです。

間近に迫る生命の誕生に向けて、日に日に変化する臨月期の“身体美”を、写真や映像におさめましょう。

妊婦写真は、将来子ども本人がみても、「僕・私がこのお腹にいたんだね……」と感慨深いものです。

(8)胎動を家族と赤ちゃんとの絆つくりに用いる

臨月にもなると、赤ちゃんの足や肘の形が、お腹の皮膚にくっきりと浮かびあがることもあるものです。パートナーや上の子達がいる場合はどんどん見せてやりましょう。

はっきりと目に見え、触れることができるので、家族にとって胎児をより身近に感じられるチャンスです。

胎児が下がり、膀胱が圧迫される臨月期の胎動も、家族の楽しみにしてしまうことで、不快感も和らぎます。

(9)パートナーとデートする

産後は、しばらく外出もままなりませんし、パートナーとゆっくり話す時間もなかなかとれないものです。

赤ちゃん連れでは入りにくいレストランや映画館に出かけましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.