子育て情報『日本の赤ちゃんの「世界ワースト1位」は睡眠時間だけじゃない! #08』

2016年12月9日 21:30

日本の赤ちゃんの「世界ワースト1位」は睡眠時間だけじゃない! #08

日本の赤ちゃんの「世界ワースト1位」は睡眠時間だけじゃない! #08
source:https://www.shutterstock.com/
赤ちゃんが昼寝をしてから家事をしようとしているのに、赤ちゃんがなかなか寝てくれない……全国のママが1度は悩むものでしょう。

それでは、どうしたら赤ちゃんは、ぐっすり寝てくれるのでしょうか?

『赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム』の著者が、赤ちゃんの睡眠について、ご紹介していきます。

日本の赤ちゃんの「世界ワースト1位」は睡眠時間だけじゃない! #08


山本 ユキコ心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」

日本の赤ちゃんの「世界ワースト1位」は睡眠時間だけじゃない! #08
source:https://www.shutterstock.com/
ペンシルバニアこども病院・セントジョセフ大学所属の小児精神科の心理学者、ミンデル博士らが2010年に行った0~3歳を対象にした世界17か国での調査研究によると、日本人の赤ちゃんは、睡眠時間が世界ワースト1位であることが明らかになりました。

コラムの第1回にこの論文を引用していますが、かなりショッキングな話ですよね。

「寝るのが遅い」からワースト1位なの?
「日本人の赤ちゃんは夜寝るのが遅くいからワースト1位なの?」

この結果から思ってしまいそうですが、実は日本よりも赤ちゃんの就寝時間が遅い国が17か国中、5か国もありました。

日本人は平均午後9時半ごろに寝ていたのですが、香港は10時半ごろ、台湾は10時すぎ、マレーシアとベトナムは10時少し前、シンガポールは9時半過ぎでした。

しかし、赤ちゃんの睡眠時間が最も長いニュージーランドとオーストラリアの赤ちゃんは、8時前に就寝しています。できれば、8時には子どもは寝せたいものです。

……とは言っても、筆者の3歳児も、パパの帰宅にハイテンションになり9時過ぎまで起きていましたし、なかなか現実難しいですね。

それにしても、夜寝る時間がワースト1位でもない日本の赤ちゃんは、どうして睡眠時間が世界で最も短いのでしょうか。

朝が早いから?夜中に起きる時間・回数のせい?
(1)日本人の赤ちゃんは、起きる時間が早いのか?

いいえ。

ヨーロッパ系の赤ちゃんは6時半過ぎ、アジア系の赤ちゃんは7時過ぎに起きている中、日本の赤ちゃんも起きるのは7時過ぎ。

よく見ると、日本の赤ちゃんはアジア系の赤ちゃんの平均より少し遅いくらいでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.