遺伝?それとも育て方?自閉症になる原因とは #16

2016年12月17日 22:30
 



“子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方”の著者の立石美津子の連載「もしかしてウチの子、障害児?」です。今日は第16回目、自閉症についてです。



自閉症は生まれつき?遺伝するの?それとも「育て方」が原因なの?
source:https://www.shutterstock.com/
自閉症は生まれつきの脳機能の障害であることはわかっています。ただし、どうして機能障害が起こってしまうのか医学的にはっきりとした原因は未だにわかっていません。

遺伝的要素もあると言われています。

一卵性双生児のうちの1人が自閉症の場合に、もう1人も自閉症である割合は、報告によって差がありますが91~96%、二卵性では0~24%と、大きな開きがあります。兄弟姉妹では、1人が自閉症と診断された場合その兄弟姉妹が自閉症である割合は一般よりも高く、5~10%くらいと言われています。

 

 

自閉症、こんな考え方は誤りです
source:https://www.shutterstock.com/
自閉症啓発ポスターに「僕は自閉症になったんじゃない。自閉症に生まれてきただけ」というフレーズがありますが、この言葉通りです。生まれたあとに自閉症になるわけではなく、病気でもなく、後天的に作られた性格や個性でもないのです。

ですから、次は誤りです。

・小さい頃、あまり抱っこしてやらなかったから自閉症児になってしまった。

・愛情不足で自閉症になってしまった。

・テレビを見せ過ぎたから自閉症児になってしまった。

・言葉をあまりかけてやらなかったから自閉症になってしまった。

・お友達と遊ばせなかったから自閉症になってしまった。

親の育児の仕方やしつけの問題で自閉症になるわけではありません。

また、生まれた直後の0歳児に自閉症の特徴が表れることはなく、その成長過程で“人に関心を示さない”、“言葉が遅い”、“視線が合わない”ことで気づかれます。

ただし、人に関心を示し、視線も合い、言葉の遅れのないタイプの自閉症もあり(アスペルガー症候群など)この場合、大人になるまで気づかれないケースもあります。

 

自閉症の治療法はあるの?
source:https://www.shutterstock.com/
自閉症は後天的に発生した病気ではありません。ですから治療法は存在しません。自閉症児に対して薬が使われることもありますが、これはあくまでも二次的な障害である自傷、鬱などに対しての対症療法で自閉症そのものを治す薬ではありません。これは注意欠如/多動性障害(AD/HD)や学習障害(LD)などの発達障害についても同様で治療薬はありません。

喘息などの症状がひどい場合吸入したり、アトピー性皮膚炎については一時的にステロイド軟膏を使います。そんなイメージを持つとわかりやすいかもしれませんね。

ただし、早期発見して早期に療育することで、その行動が改善することは大いにあります。でも、それは本人の行動を治すと言うよりもむしろ、本人のこだわりやルールを親や保育園、幼稚園の先生が理解し寄り添ってやることにより、不安感なく生活できるようにすることで、結果、問題行動が起こりにくくなるものです。

「しつければ何とか改善する」そんな誤った育て方をすることになり、「自分自身はダメな人間である」と低いセルフイメージを持ってしまい、将来、不登校、精神疾患、自傷(リストカットなども含む)、他害(反社会的行動や犯罪)などの二次的な問題が起こってしまうこともあります。

 

自閉症と診断されたら、子どもを何とかしようとするのではなく、親が子育ての仕方のスイッチを切り替えることが何よりも肝心なことですよ。

 

【参考・画像】

※ 服部 陵子(2011)『Q&A家族のための自閉症ガイドブック―専門医による診断・特性理解・支援の相談室』(明石書店)

※ Dubova 、Zahraa Saleh / Shutterstock

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.