子育て情報『年末年始も要注意!? 4割のママが悩む「妊娠線」のケア方法』

2016年12月25日 21:00

年末年始も要注意!? 4割のママが悩む「妊娠線」のケア方法

年末年始も要注意!? 4割のママが悩む「妊娠線」のケア方法
source:https://www.shutterstock.com/
妊娠が進むにつれて、少しずつふくらみ始めるお腹。赤ちゃんの存在を感じて、幸せな気持ちになりますよね。

そして、お腹が出てくるにつれて気になってくるのが“妊娠線”です。

雑誌やネットなどで画像を見て「こんなに妊娠線ってひどいの!?どうしよう」と不安にかられてしまうプレママも多いのではないでしょうか。

今回は特に乾燥しやすい季節に注意したい、“妊娠線の予防ケア”についてお伝えします。

年末年始も要注意!? 4割のママが悩む「妊娠線」のケア方法


そもそも「妊娠線」とは?何ヶ月目でできる?
妊娠線は、妊娠後期などにお腹が急速に出てくることで、皮膚が伸ばされるために「皮下組織」が引き裂かれてしまい、生じるひび割れのような線のことで、薄い皮膚に透けて見える現象です。

表皮は伸びやすいのですが、下層の“真皮”や“皮下組織”は伸びにくい性質を持っています。

そのため、その部分に脂肪がついてしまうと、真皮や皮下組織が伸びるスペースがなくなり、亀裂が生じてしまうのです!

妊娠線は、だいたいお腹が出始める妊娠6ヶ月頃からできるといわれています。ただし、個人差が大きいので妊娠線ができない人もいれば、妊娠6ヶ月よりも前にできる人もいます。

実は「プレママの約4割に妊娠線ができる」といわれており、決して他人事ではないので、予防できるならきちんと妊娠線対策を取り入れたいですよね。

「妊娠線予防」の基本的なケア方法3つ
年末年始も要注意!? 4割のママが悩む「妊娠線」のケア方法
source:https://www.shutterstock.com/
(1)妊娠初期から体重増加に気を付ける

体重増加の時期は個人差があります。まずは、妊娠初期から食生活に気を付け、急激な体重増加を避けましょう。

(2)安定期から保湿クリームを塗る

妊娠5ヶ月頃の安定期から、妊娠線のできやすい部分に“保湿クリーム”を塗り始めましょう。つわりの時期はクリームの香りなどで吐き気を催すこともあるので、安定期からがよいでしょう。

入浴後にマッサージしながら保湿すると、皮膚も伸びやすくなります。

特に冬はただでさえ皮膚が乾燥しがちです。たっぷりとクリームなどを塗って保湿しましょう。

(3)トラブルが起きたら悩まず医師に相談する

ケアをしても、かゆみを伴う場合もあります。かゆくてつい掻いてしまうと、余計に皮膚のバリアを壊してしまいます。

産婦人科で相談して、かゆみ止めを処方してもらうこともできますので、1人で悩まず、医師に相談しましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.