子育て情報『妊娠中ステロイドは使っていい?「妊娠中のかゆみ」をおさえる方法』

2016年12月31日 21:00

妊娠中ステロイドは使っていい?「妊娠中のかゆみ」をおさえる方法

妊娠中ステロイドは使っていい?「妊娠中のかゆみ」をおさえる方法
source:https://www.shutterstock.com/
妊娠中は、皮膚がかゆくなりやすくなります。

筆者は看護師として皮膚科に勤務していた経験がありますが、妊娠中のママが特に皮膚のかゆみに悩まされて相談に来ることも多くありました。

今回は、皮膚科勤務時代に妊婦さんから多く寄せられた質問から、かゆみに対して妊婦さんが知りたい情報をお伝えできればと思います。

妊娠中ステロイドは使っていい?「妊娠中のかゆみ」をおさえる方法


妊娠中はかゆくなる?
妊娠中は、なぜかゆみが悪化しやすいのでしょうか。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが大量に分泌されますが、そのホルモンが肌荒れを引き起こす要因になると考えられています。

また、妊娠中は体重増加により発汗量が増え、不眠に悩まされることなどもかゆみが悪化する要因になるとされています。

このかゆみは、「妊娠性皮膚掻痒感(にんしんせいひふそうようかん)」とも言われ、妊娠後期によく見られる症状です。

妊婦さんの2割近くが、この“かゆみ”を発症するとされています。

「ステロイド」は使っていい?
妊娠中ステロイドは使っていい?「妊娠中のかゆみ」をおさえる方法
source:https://www.shutterstock.com/
これは、筆者が皮膚科に勤務していた頃、特にアトピー性皮膚炎により治療中に妊娠した妊婦さんから多く寄せられた質問です。

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、ステロイドによる胎児の影響を心配して治療を中断することで症状の悪化をきたす例が見られますが、妊娠中、授乳中も必要な治療は行うべきであると、されています。

また、通常のステロイド外用薬では、先天異常や胎児発育への問題はないと明記されています。

ただし、ヨーロッパで使用されている分類の、“potent”や“very potent”群に当たるステロイド外用薬の大量外用は、出生時体重の低下の可能性が否定できないので、使用量と胎児発育に注意するとも書かれています。

どのステロイドを使用するべきか、どの程度使用して良いかは、かかりつけの皮膚科医に相談することが望ましいです。また、皮膚科医によっては、「妊婦さんにステロイドは使わない」という方針の医師もいますので、自分のかかりつけ医には、必ず妊娠したことを伝え、今後の治療を相談していくことが望まし。

手軽にできるかゆみの予防方法はある?
皮膚科での勤務時代、妊婦さんから寄せられた質問で最も多かったのが、“手軽にできるかゆみの予防方法”についてです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.