子育て情報『こんな時に限って…(涙)子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選』

2017年1月10日 11:45

こんな時に限って…(涙)子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選

こんな時に限って…(涙)子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選
source:https://www.shutterstock.com/
子育て中でも年に数回はある冠婚葬祭。できれば子連れでは避けたいものの、やむを得ないケースも当然あります。

赤ちゃんの時期はまだいいけれど、おしゃべりする時期だったりじっとしていられない年頃だと親もヒヤヒヤですよね。

今回は、冠婚葬祭におけるあるある子連れ赤っ恥エピソードをお届けします。

こんな時に限って…(涙)子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選


子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選
こんな時に限って…(涙)子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選
source:https://www.shutterstock.com/
(1)参列中に「ママ、おしっこ」!

結婚式などで困るのがトイレ。もちろん、事前にトイレを済ませておくものですが、それでもトイレ間隔の短い小さな子どもほどガマンできないもの。

披露宴の大事な場面や誰かのスピーチが始まる時などに限って「ママ、おしっこ!」なんて言ったりするんですよね。

「あと少しだからガマンして〜!」と小さな声で叫ぶもののそんなに時間は稼げないので周囲に気を使いながら結局トイレへ駆け込むこととなります。

筆者の経験上トイレトレーニング中ならば、紙パンツの方が安心でした。トイレに間に合わないかも、という不安にさいなまれながらの式は困っちゃいますよね。

(2)リングボーイなのに大泣き!

こんな時に限って…(涙)子連れ結婚式「赤っ恥エピソード」5選
source:https://www.shutterstock.com/
花嫁の入場時、先頭を歩いてバージンロードに花びらを撒くフラワーガールやリングピローに載せた指輪を運んでくるリングボーイをする子どもの姿はとても可愛らしく、結婚式も盛り上げりますよね。

でも、未就学児だと、人の多さに緊張して本番は泣き出してしまうことがあります。

筆者の息子もリングボーイの経験がありますが、直前まで「がんばる!」と張り切っていて安心していたのもつかの間、いざ式が始まると息子は「え〜ん」と泣いてしまいました。

どうにもこうにもならないので、主人が抱っこしてワープしながらのリングボーイとなりました。(3)授乳してあやしても何をしても「ぎゃ~」

赤ちゃんを連れての冠婚葬祭はママもとにかく必要以上に緊張します。誓いの言葉のときに赤ちゃんが泣いてしまったりすると、その場で授乳する訳にもいかず、さっと席を外すことになります。

筆者も経験があり、別室で授乳してもすぐに眠ってくれず、何をやっても「ぎゃあ〜」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.