子育て情報『新米アラフォーママは要注意!? 頑張りすぎちゃう原因とは #10』

2017年1月14日 21:45

新米アラフォーママは要注意!? 頑張りすぎちゃう原因とは #10

新米アラフォーママは要注意!? 頑張りすぎちゃう原因とは #10
source:https://www.shutterstock.com/
女性は妊娠すると、様々な身体や環境の変化に戸惑い、悩むものです。

自分と赤ちゃんのことでいっぱいいっぱいなのに、夫のことなんて考えている余裕がない……それが本音ではないでしょうか。

ですが、夫は、そんなママの豹変ぶりに頭の中は“?”がいっぱいです。

そんな夫婦のすれ違いを『出産・育児ママのトリセツ』の著者が、本の中から解説していくシリーズ連載。

前回のコラムでは、かけがえのない対等なパートナーとしての父親と母親が、その関係を続けていくために、お互い心に刻んでほしい子育てのパートナーシップの5ヶ条を紹介しました。

今回はその第1か条「完璧な母親」などは幻想であり、実在しないものであると理解する。を詳しく紹介します。

新米アラフォーママは要注意!? 頑張りすぎちゃう原因とは #10


「完璧な母親」などは幻想であり、実在しない
「子育てのコツはほどほどですよ」というと、“20代のママ”達はホッとした顔を見せてくれます。

しかし、“アラフォーママ”は納得しません。

“アラフォーママ”の多くは、自分たちが遊ぶことよりも、子どものために何かをすることを生きがいに感じているように思います。

遊びも仕事も十分やったので、子育てに専念したいのでしょう。

早期教育や食育、0歳からのトイレトレーニングなどなど、気に入ったジャンルにはまる方が多いようです。

負担にならない程度にやるのは問題ないのですが、一度それが負担になると体力もないので疲労がたまります。「やらねば!」という気負いが災いして、自分を追いつめてしまうママもいます。

頑張りすぎちゃうママは「完璧主義」?
新米アラフォーママは要注意!? 頑張りすぎちゃう原因とは #10
source:https://www.shutterstock.com/
そもそも、「完璧な育児をママ1人でやること」自体が無理なことなのです。

しかも、育児だけでなくて家事や親戚付き合いまでも、ママが1人でこなすのは無理であることを理解してください。特にアラフォー新人ママの”問題の根っこ”はここです。

家事や育児は、人に頼るのが当たり前です。

夫や、心の許せる親類やママ友達、託児サービスや家事代行など、何処かあなたにとって頼れるところを見つけて、1人で抱え込まないようにしましょう。

パパもママも子育てと家事はチームでこなしていくものであると理解して無理せず向き合いたいですね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.