子育て情報『象足でブーツがパンパン!「むくみ撃退の5分エクササイズ」』

2017年1月16日 11:56

象足でブーツがパンパン!「むくみ撃退の5分エクササイズ」

象足でブーツがパンパン!「むくみ撃退の5分エクササイズ」
source:https://www.shutterstock.com/
妊娠中の10ヶ月の中で、妊婦の身体には様々な変化が出てきます。

中でも妊娠後期にはお腹が大きくなってくる分、トラブルも多くなります。

そしてほとんどのママが経験するであろう“むくみ”は、想像以上にツライもの。

筆者も、まるで象の足のようになったことを覚えています。

特に正月太りによって、さらにパンパン度が増してしまったママも多いのではないでしょうか。

そこで今日は象の足を改善するための、おすすめヨガポーズと、食事についてお伝えします。

象足でブーツがパンパン!「むくみ撃退の5分エクササイズ」


象の足がスッキリ改善!? おすすめ5分エクササイズ
今回ご紹介したいのはヨガのポーズで“マラーサナ”と呼ばれるポーズを行う簡単なエクササイズです。

象足でブーツがパンパン!「むくみ撃退の5分エクササイズ」
photo by author
妊娠後期に足が象のようにむくんでしまう原因の1つは、股関節でのリンパの滞りです。

お腹が大きくなってくると、股関節が圧迫されてリンパの流れが悪くなることで、足がむくみやすくなります。

ですので、股関節のストレッチがとても重要になります。

マラーサナは股関節とふくらはぎのストレッチが同時にできますので、とてもおすすめ。

(1)足を腰幅よりも広めに開き、つま先は45度外側に向けます。

(2)膝を曲げながら、ゆっくりお尻を降ろしていきます。(和式でトイレする感じです)

(3)両手を胸の真ん中で合唱にし、手のひらで押し合います。また、肘と膝も押し合うことで、出産の時に重要な、内腿・骨盤底筋群も働きます。

このポーズでゆっくり5呼吸を3セットおこないましょう。また、臨月くらいになると、バランスが不安定になってしまうため、壁に背を付けるようにしておこなうことをおすすめします。

むくみの原因と「チェンジしたい習慣」3つ
アーユルヴェーダでは、むくみはカパ(水・地)の増悪症状が関係していると考えます。

カパ(水・地)が体内に増えすぎる原因としては、

・甘いものの食べ過ぎ

・しょっぱいものの食べ過ぎ
・運動不足

・過剰な睡眠(昼寝も)

・冷たいものを飲んだり食べたりした

などが考えられます。だいたい正月はこんな生活を送っている人が多いのではないでしょうか。

おせち料理には多くの砂糖(甘味)醤油(塩味)が使われていますし、何と言っても餅はカパを増やす完全なカパ食です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.