子育て情報『本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響』

2017年1月23日 22:30

本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響

本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響
source:https://www.shutterstock.com/
近年、喫煙者が減少している、というニュースをよく見かけますが、その流れの中で近年ブームになっているのが、『iCOS』を始めとする、加熱式の電子タバコ。

臭くない、煙も有害ではないと言われますが、はたして本当にそうなのでしょうか?

今日は、医学博士の筆者が、“電子タバコの煙”についてお話していきます。

本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響


喫煙率とタバコ
本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響
source:https://www.shutterstock.com/
近年、副流煙の問題により禁煙が推奨されています。

現在喫煙率は2016年全国タバコ喫煙者率調査によると成人男性の喫煙率は29.7%、成人女性の喫煙率は9.7%となっており、男性は約3人に1人、女性は10人に1人と、先進諸国に比べるとまだまだ喫煙率が高いと言えます。

しかし、ピークの昭和41年のときには成人男性の喫煙率が83.7%であったということを考えると、非常に喫煙率が下がっているのがわかります。

タバコは火をつけて燃やすことによって約4,000種類の化学物質が、その中でも50種類以上の発がん性物質が出てくると言われています。

さらに問題なのが副流煙。副流煙はフィルターを通さずに直接出てきてしまう煙なので、非喫煙者の方にとっても健康被害が及ぼされてしまうことがあるのです。

加熱式タバコ「iQOS」って何?
そのような中で近年ブームを起こしているのが加熱式の電子タバコ。

『iQOS』と呼ばれる製品が品薄状態であるほど人気を博しております。

また地域限定ですが、福岡県では『プルームテック』、仙台市のみでは『グロー』という加熱式の電子タバコが発売されています。

これら加熱式の電子タバコは従来にタバコのように火をつけるわけではなく、タバコの葉そのものを加熱することによってタバコの味わいを感じるために、従来のタバコと比べると約90%の有害物質をカットできるとされています。

また煙のように見えるものはべイパーと呼ばれる水蒸気で煙ではないために、副流煙の心配もないとされています。しかし逆を言えば10%は有害物質が含まれているというわけですから、全く害がないというわけではなさそうです。

妊婦の身体に与える影響はある?
本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響
source:https://www.shutterstock.com/
元々妊婦さんにとって喫煙は良くないという理由ですが、これはタバコに含まれる多くの化学物質の影響によるものであると言えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.