子育て情報『5人に1人のママが実践中!「子どもが本気で楽しめる」知育とは』

2017年1月21日 21:30

5人に1人のママが実践中!「子どもが本気で楽しめる」知育とは

5人に1人のママが実践中!「子どもが本気で楽しめる」知育とは
source:https://www.shutterstock.com/
「将来のために英語を学ばせたいのですが、ワークを買っても机に向かわないし、英語教室の体験授業では好き勝手に歩き回って全く集中していないんです……!」

2〜3歳の子どもたちは、じっとしていないのが当たり前。彼らの特徴に合った方法で学ばせてあげましょう。

今回は、子どもたちがぐんぐん力を伸ばす“学びの環境”について、ご紹介します。

5人に1人のママが実践中!「子どもが本気で楽しめる」知育とは


2〜3歳の時期から英語を学ばせたい!
幼児教室「ドラキッズ」を運営する株式会社小学館集英社プロダクションが全国の2歳〜6歳の子をもつ母親500名を対象におこなったアンケート調査によると、2〜3歳の子どもをもつママの5人に1人(20.5%)が「積極的に実施している幼児教育」に「英語」と回答しました。

5人に1人のママが実践中!「子どもが本気で楽しめる」知育とは
source:https://prtimes.jp/
今や小学校での英語教育が浸透し、国際社会で活躍するのに重要な知識・技能として考えられている“英語”。

小さな頃から楽しく親しみ、「もっと覚えたい!」「外国の人とおしゃべりしたい!」という意欲を高めてほしいですよね。

子どもは、楽しいことには何時間でも没頭できる生き物です。

「難しくてわからない!」「英語なんて、大嫌い!」と学びが苦痛になって挫折ないようにするためには、まるで遊び感覚で楽しく学ぶことができる環境づくりが大切。

英語教室の選び方や家庭での取り組み方に、一工夫を加えましょう。

2〜3歳の子どもたちが好きなのは「身体を動かす遊び」
5人に1人のママが実践中!「子どもが本気で楽しめる」知育とは
source:https://prtimes.jp/
同調査で、子どもたちに「楽しいと感じていること」を尋ねた結果、1位は「うたやダンス」(60.5%)、2位は「乗り物に乗ること・見ること」(56.0%)、3位は「おままごと」(56.0%)でした。

子どもたちは身体を動かすことや、興味のあるものごとを観察・マネすることが大好き。

うたつきのダンスなどは、驚くほどすぐに覚えて再現することができますよね。 

学びを「遊び」に
楽しいことなら、どこまでも突き進むのが子どもたちです。

英語を学ぶこと自体を楽しめる環境があれば、自ら学んで実力を高めていきます。

また、この時期の子どもたちは長時間じっとして読んだり書いたりするのが苦手。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.