子育て情報『2歳男児の「残念すぎる言い間違え」4連発 #20』

2017年2月3日 21:30

2歳男児の「残念すぎる言い間違え」4連発 #20

2歳男児の「残念すぎる言い間違え」4連発 #20
photo by author
自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者で、妻の壮絶な産後ウツを経験した村橋ゴローが、わが子(愛称グラ太)の育児に日々奮闘し、パパとなっていく育児連載シリーズ『ゴローパパの泣き笑い育児』。

今回は“2歳児の残念すぎる言い間違え”についてです。

2歳男児の「残念すぎる言い間違え」4連発 #20


小池百合子都知事を「あーよいよい?」
2歳男児の「残念すぎる言い間違え」4連発 #20
photo by author
子育ての醍醐味のひとつに、「言葉を覚える様を見守る」が挙げられるでしょう。ひとつひとつ、間違えながらも必死に言葉を発していくわが子を見ていると、楽しくて仕方がありません。

あれは去年の夏でした。2歳になったばかりのグラ太は、盆踊りにどハマりしました。毎週土日、ひと夏に計9回も出かけるという完全パリピと化したグラ太。

いくら「盆踊り」と教えても「ぽろり?、ぽろり?」と不思議そうな顔で返してくるので、芸能人水泳大会か!と思ったものです。

その代わり、グラ太は盆踊りを「あーよいよい」と表現。彼の大好きな炭坑節(激渋)の一節「それ、よいよい」から取ったらしく、盆踊り全体を取り巻く事柄すべてを「あーよいよい」と言っていました。どういうことかというと、

コンビニにある「おでん」と書かれた提灯を見つけては

「あーよいよい?」

街ゆく人が手にするうちわを見つけては

「あーよいよい?」

極めつけは、リオ五輪閉会式での東京五輪引継ぎセレモニーをテレビで見ていたときのこと。着物で登場した小池百合子都知事を指さし

「あーよいよい?」

小池さんは、盆踊りの中心で踊ってる婦人会のおばちゃんじゃないよ!

「それ惜しい!でも違うから」な言い間違い 4連発
あれから半年。2歳6ヶ月となったグラ太は口がだいぶ達者になったとはいえ、まだまだ「惜しい!」と思わず言いたくなってしまうことがあるわけで。なんでそのボタン掛け違えるかなあ、というか。 

例えば、

(1)お留守番を「おするばん」

惜っしい……。

妻の誕生日を家でやったときのこと。上手に『ハッピーバースデー』を歌い、自分の誕生日じゃないのにロウソクを吹き消すという子どもあるあるもやらかし、そして最後の決めゼリフ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.