子育て情報『河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選』

2017年2月25日 21:45

河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選

河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選
source:http://www.shutterstock.com/
これ、正しく読めますか?→“河豚”

“かわぶた”ではありませんよ。正解は“フグ”です。

また、人が亡くなって掲げられている“忌中”を読めますか?“きちゅう”です。漢字で書いてあると、人前で声に出すこともないので、我流の読み方で済ましていることがありますよね。

今日は“一人でできる子になるテキトー母さん流子育てのコツ”の著者の立石美津子がお話します。

河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選


■1:和菓子屋で「ひつじかん」下さいと言った仰天ママ
河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選
source:https://pixta.jp/
デパ地下に行くと、和菓子屋の前に“羊かん”と書いてありました。子どもが「ねえ、ママ、これなんて読むの?」と聞いてきました。

すると、衝撃の答え!「“ひつじかん”と読むのよ~」

そして、ママは店員に「その“ひつじかん”1つください」と言いました。店員は笑いをこらえながら「ハイ、かしこまりました。少々お待ちください」と言いました。

「はい、“ようかん”おひとつですね。」とさりげなく訂正しなかったのは、店員としてお客様に恥をかかせない最高の配慮だったのかもしれません。

でも、ここで訂正されなければ、またどこかで同じ過ちを繰り返してしまうかもしれません。そして……何よりも子どもが間違って覚えてしまいます。

河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選
(C)あべゆみこ
店側は“羊羹”書いてしまったら「お客さんの中には読めない人もいるだろう」と親切に“羊かん”としていたのですが、却ってあだになってしまった、笑えない話でした。

■2:ある幼稚園の先生が間違えた「さんびきのやまひつじ」
河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選
source:https://pixta.jp/
ある幼稚園の月刊絵本。その月は『さんびきのやぎ』でした。漢字の絵本だったのでそこには“三匹の山羊”と書いてありました。

ひまわり組の園児だけが「あるところに三匹の“やまひつじ”が住んでいました。一匹目の“やまひつじ”は……」とずっと読んでいました。

担任の先生が、園児たちの前で読み間違えていたのですね。子どもはそのまま覚えてしまっていました。

■3:ニュース番組で今年の恵方を「きたきたにし」と発言したアナウンサー
河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選
source:https://pixta.jp/
テレビのニュースでアナウンサー同士のやりとりがありました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.