子育て情報『勉強後「1時間以内に昼寝する」と学習力高まるってホント!?』

2017年2月28日 20:45

勉強後「1時間以内に昼寝する」と学習力高まるってホント!?

勉強後「1時間以内に昼寝する」と学習力高まるってホント!?
source:https://www.shutterstock.com/
皆さんは、お子さんにお昼寝を今どれくらいさせていますか?

子どもによって、昼寝の時間にはバラつきがあるため「うちの子、3歳でもこんなに寝るけど大丈夫?」「もう全く寝ないけど、寝かせた方が良いの?」など、様々だと思います。

実は、幼児には“昼寝をさせた方が学習力が向上する”という研究結果が出たそうですよ。

今回は、医学博士の川上智史先生監修のもと、子どもの昼寝におけるメリットをお伝えします。

勉強後「1時間以内に昼寝する」と学習力高まるってホント!?


どれくらい昼寝させている?みんなの「お昼寝」事情
0歳の頃は朝と午後、時には夕方にも眠っていた赤ちゃんは、月齢と共にお昼寝する時間や長さが変化していきますよね。多くの子は午後にまとめてお昼寝をするようになり、徐々に昼寝が必要なくなってくると思います。

筆者の1歳半の子は、保育園の給食後だいたい12:00~14:00の2時間ほど昼寝をしています。それでも週末は朝にも寝たり、全く寝ない日もあったりとバラつきがありますね。

2、3歳になってくるともう少しお昼寝の時間は短くなっていき、3歳くらいで全く昼寝をしなくなる子も出てきます。

「学習後の睡眠」が学習力向上に繋がると判明
昼寝と学習力の関連を調べるために、3歳児を対象にアリゾナ大学などがテストをしました。

●テスト方法

まず、子どもたちに2つの動詞“blicking”と“rooping”を教え、2人の異なる大人がそれぞれ動詞に対応する別々の動きをしたビデオを見せます。

そして24時間後、子どもたちに前日学習した同じ動きを行っている大人(前日の2人とは異なる大人)のビデオを見せ、どの人が“blicking”、“rooping”の動きをしていたのかを回答してもらう、というもの。

●結果:<動詞を学習したおよそ1時間以内昼寝をした子供は、学習後少なくとも5時間起きていた子供よりも、より良く理解していた>

筆者も夜中にどんなに勉強しても覚えられなかったのに、翌朝起きると自然と頭に入っていたということが何度もありました。

やはり“インプット”してからの睡眠って、学習力の向上には良いのですね!この研究は3歳児を対象に行ったものですが、3歳になると昼間は遊びたい気持ちが強くなって寝たくない子も多くいると思います。

もしお受験など考えている場合には、ぜひ子どもの様子を見ながら昼寝を取り入れてみてはいかがでしょう?

医学博士が教える効果的な「お昼寝」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.