子育て情報『難関校合格の芦田愛菜ちゃんは「本の虫」!? 子どもを本好きにする秘訣』

2017年2月20日 22:00

難関校合格の芦田愛菜ちゃんは「本の虫」!? 子どもを本好きにする秘訣

難関校合格の芦田愛菜ちゃんは「本の虫」!? 子どもを本好きにする秘訣
source:https://www.shutterstock.com/
人気子役の芦田愛菜さんが偏差値70以上の都内の名門私立女子中学校に複数校合格したとニュースで話題になっています。

愛菜さんは子どもの頃から大人顔負けの演技力で有名でしたね。歌にお芝居にと芸能活動も忙しいのにどうやってそんな高い学力をつけていったのでしょうか。

そこで、今日は“心も頭もすくすく育つ読み聞かせ”の著者の立石美津子がお伝えします。

難関校合格の芦田愛菜ちゃんは「本の虫」!? 子どもを本好きにする秘訣


芦田家の教育法とは?
両親が一人娘の教育方法として最も力を注いだのは読書でした。父親が読書家で、幼い頃から愛菜ちゃんに本を与えていました。彼女が何かに興味を持ったら、答えやヒントになるような本を選んで、「この本を読んでごらん」と手渡したそうです。・・・中略・・・愛菜ちゃんは、すぐに本の虫になりました。伝記、図鑑、ファンタジーと読む本のジャンルも幅広く、小学校低学年で年間300冊、多いときで月50冊も読んでいたんです。

身近な家族が本を読む後ろ姿を見て育ち、知的好奇心が芽生えたときに本を与えられ、読書家になったのは自然の流れですね。

読書好きな子に育てるには、「字が読める」だけじゃダメ!
難関校合格の芦田愛菜ちゃんは「本の虫」!? 子どもを本好きにする秘訣
source:https://www.shutterstock.com/
文字が読めることは読書するために欠かせない条件です。そこで「読書させよう」とひらがなや漢字を一生懸命教えるママがいますが、実はこれだけでは不足です。子ども自身に「本を読みたい」という動機がなければ残念ながら本の虫にはなりません。

では「本を読みたい」という気持ちはどこから生まれるのでしょうか?

それは幼い頃から“絵本の読み聞かせ”をしてもらっている体験です。たくさん本を読んでもらった子は「本って面白いな」「自分の知らない世界を経験できて楽しいな」と感じ、本は魅力的なものだと思っています。

やがて、字を覚え、自分でも読めるようになると、どんどん読むようになります。ただし、これは小学校入学してからで焦りは禁物です。親に読んでほしいとねだっているのに「自分で読書しなさい!」なんて突き放してはなりませんよ。

幼いうちはママに抱っこされながら、読んでもらいたい時代です。

それから、小学校2年生くらいまではまだまだ親に甘えたい年齢、そして大人に読んでもらった方が頭に入る年齢です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.