子育て情報『回し飲みや食べ移しは控えて!赤ちゃんもかかる「キス病」って?』

2017年4月13日 21:45

回し飲みや食べ移しは控えて!赤ちゃんもかかる「キス病」って?

一般の血液検査では、異形リンパ球が増加したり、肝臓の数値が高かったりします。

EBウイルスの抗体検査をすれば、初めての感染なのか、既に感染しているのか、だいたいの感染時期を推測することができます。

ただ、EBウイルスの感染症だったとしても、残念な事に有効な治療方法はありません。

対症療法で、症状が良くなってくるのを待つしかないのです。

喉が痛くて、水分が摂れずに脱水になる子供たちもいるので、こまめに水分を摂取していきましょう。

抗生剤ですが、EBウイルス感染症の場合は効果がありません。

ペニシリン系の抗生剤は発疹を誘発することもありますので、自主判断での内服は危険ですので、避けましょう。

症状が消失して、全身状態が回復すれば、登校(園)は可能となります。

あまり恐れる病気ではありませんが、唾液を介してうつる病気はEBウイルス以外もあるので、ママがついやりがちな回し飲みや食べ移しなどは控えましょう。

【参考・画像】

※ どんな病気? ―伝染性単核球症(キス病)の概要― – STD研究所

※ 学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説 第3種感染症 – 日本小児科学会 予防接種・感染対策委員会 

※ 病気・予防接種 – 公益財団法人 母子衛生研究会

※ 食事と栄養・離乳食 – 公益財団法人 母子衛生研究会

※ mimagephotography / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.