子育て情報『保育園の先生に習う!なかなか眠らない子の「寝かしつけ方法」2つ』

2019年3月24日 21:45

保育園の先生に習う!なかなか眠らない子の「寝かしつけ方法」2つ

 

保育園ではこうしてます!「なかなか寝ない子の寝かしつけ」方法2つ

(1)根気強く「トントン」で眠るまでじっと待つ

保育園では、保育士が根気よくトントンしたり、頭や耳を撫でたりと眠るまでじっと待ちます。

眠気が来ていても手足を動かして、必死に寝まいと頑張る時には、手を握って手の甲を優しくなでたり、足をさすってあげたりすると徐々に身体の力が抜けて眠くなっていく子が多いです。

(2)絵本ではなく「素話」で眠りを誘う

絵本の読み聞かせは、子どもが絵本に夢中になり過ぎてしまうこともあります。

絵本を読むのではなく、昔話などの“素話(すばなし)”を語ってあげると、子どもは目を閉じて空想しながら心地よい眠りにつくことができるでしょう。

子守唄を歌ってあげるのも良い方法です。ママの優しい声は、子どもに安心感を与えてくれるはずです。

いかがでしたか?

子どもを寝かしつけながら、「一緒に朝まで寝てしまおう」というくらいの気持ちで付き合えば、イライラすることもないかもしれません。

ぜひご紹介した方法を上手く取り入れながら、寝かしつけを行ってみて下さいね。

(2017年09月19日の記事を再掲載しています)

【画像】
※  s_oleg , Zurijeta / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.