子育て情報『卒園式・入学式の晴れの日に!女の子のおしゃれフォーマル服11選』

2019年2月2日 21:30

卒園式・入学式の晴れの日に!女の子のおしゃれフォーマル服11選

目次

・卒園式と入学式の時期の気温の差は?寒さ対策は必要?
・卒園式と入学式の洋服や小物の常識!色は同じでいい?
・おすすめの卒園式&入学式ファッション!女の子のフォーマル服11選
卒園式・入学式の晴れの日に!女の子のおしゃれフォーマル服11選
source:https://pixta.jp/
暖かな風が吹き始める春は、幼稚園や保育園の「卒園式」と小学校の「入学式」という式典で賑わいます。

平成最後の今年に卒園式と入学式を迎えるご家庭では、そろそろ準備を意識し始める頃ではないでしょうか?そこで悩むのが、卒園式と入学式の主役である子どもに着せる洋服です。写真にも心にも残るので、慎重に選びたいですよね。

そこで今回は、卒園式・入学式に着せたい女の子の洋服を、ご自身も女の子のママである山田みきさんにご紹介いただきます。

卒園式・入学式の晴れの日に!女の子のおしゃれフォーマル服11選


卒園式と入学式の時期の気温の差は?寒さ対策は必要?

春とはいえ、まだ寒い日も多い卒園式や入学式。洋服を選ぶときに寒さは気になりませんか?

(1)3月の卒園式

卒園式が行われる3月は、日陰はまだまだ寒くコートを着る人もいます。逆に、日向は暖かくコートが必要ない場合もあり気温の差が大きく見られます。

卒園式会場の暖房は入っていても、広い会場ですと全体が暖まらず足元が冷えたりすることも……。ジャケットやボレロの下に、見えないように薄手のカーディガンを着たり、下着を長袖にするなど工夫しておく必要もあるかもしれません。

(2)4月の入学式

入学式が行われる4月上旬は、ジャケットでも過ごせる日が増えてきますが、やはり日によって寒暖の差が激しい季節でもあります。

入学式の天気にも左右されるので、事前にチェックしておき、どちらでもすぐに対応できるように準備をしておきましょう。下着の種類や靴下の長さを変えるだけでも、体温調節がしやすくなりますよ。

卒園式と入学式の洋服や小物の常識!色は同じでいい?

同じような式典に見えても卒園式と入学式の意味は異なります。そのため、洋服や小物などを選ぶ際、気を付けなければならない点があります。

(1)卒園式

幼稚園や保育園の”お別れの会”である「卒園式」は、前向きなお別れであっても、寂しさもあり、しんみりとした雰囲気になります。卒業証書授与など厳粛な式典であることから色は、”ダークカラー”が好まれます。

黒や紺、グレーなどの落ち着いた色を選びましょう。全身がダークカラーになり過ぎると喪服のようになりがちですが、明るめの色のコサージュやタイツを選んだり、付け襟をパールにするなどの工夫をすると、ダークカラーでも華やかさが増しますよ。

(2)入学式

進学を”お祝いする会”である「入学式」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.