子育て情報『妊婦のお腹にパンチ!「子どもの過失で流産」したら責任は誰が?』

2017年3月20日 21:30

妊婦のお腹にパンチ!「子どもの過失で流産」したら責任は誰が?

が妊婦のお腹をパンチしたようなケースにおいて、妊婦が流産してしまったなどの損害が発生したときには、両親が損害賠償責任を負うことになるでしょう。

ほかにも、子どもの不注意により他人に損害を与えるケースとしては、遊んでいて友達にけがをさせたり、自転車に乗っていて人にぶつかったりということが考えられます。

日頃から子どもをしつけていても、子どもは夢中になると注意を忘れてしまうことがありますから、もしものときのために個人賠償責任保険に入っておくこともいいかもしれません。

【参考・画像】

※ 妊娠中のお腹をパンチしてきた子に対して – 発言小町

※ Evgeny Atamanenko / Shutterstock

【著者略歴】

※ 木川 雅博・・・星野法律事務所(港区西新橋)パートナー弁護士。損害賠償・慰謝料請求、不動産の法律問題、子どもの事故、離婚・男女間のトラブル、墓地・お寺のトラブルその他、法人・個人を問わず様々な事件を扱っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.