子育て情報『全然伝わっていなかった!子どもが「理解できないNGな叱り方」2つの法則』

2017年3月28日 19:00

全然伝わっていなかった!子どもが「理解できないNGな叱り方」2つの法則

全然伝わっていなかった!子どもが「理解できないNGな叱り方」2つの法則
source:https://www.shutterstock.com/
日常生活で子どものすることは、親をイラつかせるようなことばかり。叱りたくはないけれど、叱らざるを得ないし、何回言っても聞かないからイライラは増すばかり。

もしかしたらそれって、ママが叱っていることが子どもには全然伝わっていないのかもしれません。

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、叱っているつもりでも“子どもに伝わらないNGな叱り方”についてお話します。

NGな叱り方1:Whatがない
子どもがやんちゃで何かしてほしくないことをした時に「何をしてるの!? ダメっていったでしょ!」と言っていませんか?こんな叱り方、よくしますよね。

でも、このような注意の仕方では、子どもは何のことを言われているのかよくが理解できていません。心の中で子どもと会話をしてみましょう。こんなやり取りで終わってしまいませんか?

ママ:「何をしてるの!」

子ども:「見ればわかるでしょ?」

ママ:「ダメっていったでしょ!」

子ども:「え?いつ何をダメって言われたっけ?」

注意する時は、何に対して注意しているのか、しっかりわからせるように伝えましょう。

たとえば、こんな風に伝え方を変えてみてください。

●「あら!ママの携帯触ってるの!? パパやママの大事なものは触ったらダメよ!」

●「また本を破いちゃったの!? この前も本は優しくめくってねって言ったよね!」

●「妹を叩いちゃったの!? 人を叩いたらダメでしょ!」

何に対して“ダメ”なのかわかりますよね。

NGな叱り方2:Howがない
いつまでもテレビを見ていたり、ゲームをやり続けていたり、おもちゃで遊んでいたりすると「いつまでやっているの!? いい加減にしなさい!」と言っていませんか?

このような叱り方では、子どもはどうすればいいのかわかりません。これも心の中で子どもと会話をしてみましょう。

ママ:「いつまでやってるの!? 」

子ども:「今もやっているよ」
ママ:「いい加減にしなさい!」

子ども:「いい加減って何?いつのこと?」

注意する時は、今どうすればいいのかをしっかり伝えて行動に移させましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.