子育て情報『登下校中の誘拐事件と注意したい「魔の誘い文句」4つ』

2017年4月3日 22:45

登下校中の誘拐事件と注意したい「魔の誘い文句」4つ

登下校中の誘拐事件と注意したい「魔の誘い文句」4つ
source:http://www.shutterstock.com/
千葉県我孫子市で9歳の女の子リンちゃんが誘拐され殺害されました。

事件に巻き込まれないように「知らない人に着いて行っちゃいけません」と教えているママも多いのではないでしょうか。でも、“知らない人”とはどこの範囲まで差すのでしょう?

そこで、『1人でできる子が育つテキトー母さん流子育てのコツ』の著者の立石美津子が“子どもに伝えたい防犯あれこれ”についてお話します。 
登下校中の誘拐事件と注意したい「魔の誘い文句」4つ


イカのおすし
これはもちろん“イカの握り鮨”をさすのではありません。

子どもへの犯罪被害を防ぐために、小・中学校などの授業や、警察官が行う防犯訓練などで紹介しているもので、犯罪に巻き込まれないための標語です。

イカ・・・いかない(知らない人にはついていかない

の・・・のらない(知らない人の誘いにのらない)

お・・・おおごえでさけぶ(こわかったらおおきな声で叫ぶ)

す・・・すぐにげる(近くの家へすぐ逃げる)

し・・・しらせる(周りの大人にしらせる)

「知らない人は疑え!」と教えなければいけない世の中に
登下校中の誘拐事件と注意したい「魔の誘い文句」4つ
source:http://www.shutterstock.com/
可愛い子どもを見ると「僕可愛いね」とつい声をかけたくなりますが、「知らない人は疑いなさい!」と言われていると、声をかけられたときダンマリを決め込んだり、逃げ出すような態度をとる子もいます。

「なんだが可愛げがないなあ」と思ってしまいますし、子どもに「知らない人は疑え!」と教えなければいけないことは悲しいことですね。

でも、物騒な世の中、ある程度は仕方がないのかもしれません。

知らない人って?こんな誘い文句に気を付けて!
登下校中の誘拐事件と注意したい「魔の誘い文句」4つ
source:http://www.shutterstock.com/
“知らない人”ってとても曖昧な表現です。

幼児が一人で出歩くことはないですが、小学生になると一人で登校するようになりますので、具体的に教えましょう。例えば「ママ、パパ、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、○○ちゃんのママ以外の人が『一緒にお店に行って玩具を見に行こう』と言っても着いて行ってはダメだよ。」「『おうちまで送ってあげるから車に乗りなさい』と言っても車に乗ってはいけないよ」等。

実際、誘拐事件は顔見知りの中で起こっています。たまに目にしている人だったら、車に乗ってしまうかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.