子育て情報『2歳男児、知らんオッサンに恋をする #25』

2017年4月14日 21:15

2歳男児、知らんオッサンに恋をする #25

2歳男児、知らんオッサンに恋をする  #25
photo by author
自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者で、妻の壮絶な産後ウツを経験した村橋ゴローが、わが子(愛称グラ太)の育児に日々奮闘し、パパとなっていく育児連載シリーズ『ゴローパパの泣き笑い育児』。

今回は“2歳児、知らんオッサンに恋をする”についてです。

2歳男児、知らんオッサンに恋をする  #25


子どもの“好き”に付き合うと、見えてくるもの
2歳男児、知らんオッサンに恋をする  #25
photo by author
この連載で何度か触れたが、ウチの2歳8ヶ月になるグラ太は大の電車好きである。そのため毎週末は自転車で30分かけて、ミニSLに乗りに行くのが僕の仕事となっている。

かっこつけて“僕の仕事”なんて書きましたが、単にグラ太と遊ぶのが大好きなので、僕が連れ出してるだけです、はい。

さて、子どもの“好き”にとことん付き合うと、見えてくるものがある、ということが最近わかった。

ここ半年ほど毎週末は通っていて、最初の3~4ケ月は文字通りミニSLに乗ることがグラ太の目的だった。

毎週末出かけ、午前の運行が終わる昼の12時まで少なくとも4回は乗る。

40を過ぎたオッサンが周回3分のレールの上をぐるぐるぐるぐる回っていると、思春期を迎えた小僧じゃないが「俺はいつまで決められたレールの上を走らされるんだ!」と思いたくもなるが、横のチビがニッコニコしてるんだから、それはまあいい。

ついでに言えば、今年の花見はミニSLからしましたからね。ぐるぐるぐるぐる回っている最中、ふと空を見上げたら「あ、桜が咲いてる」って(笑)。ミニSLに乗って気づく、季節の移り変わり。これはけっこうなパパあるあるなのかもしれません。

そんなグラ太の“楽しみ方”に変化が起きたのが、ここ2カ月ほど。ミニSLに乗るというより、運転手さんたちへの憧れが強くなっていったのです。

勇ましく「出発進行!」と号令をかけ、大好きなミニSLを自在に操るその姿は、まさにグラ太のアイドル。そう、グラ太は2歳8か月にして、オッサンに恋をしたのです。

恋の効能とは?
2歳男児、知らんオッサンに恋をする  #25
photo by author
この恋は親にとっても効能があり、

「お野菜食べなさいって、運転手さんが言ってたよ!」

「お野菜食べないとミニSLに乗せないって、運転手さんが言ってたよ!」

とデタラメを言っても、「おやさい、たべるぅぅ!」と必死になってほうれん草を完食したのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.