そのイライラは満たされていない証拠!「欲求不満」解消のポイントは?

2017年4月20日 22:30
 

出典:https://www.shutterstock.com

なんだか最近”欲求不満”と感じることはありませんか?

新婚期間はとうに過ぎ去り、妊娠、出産というイベントも落ち着いてふと気付くと、最近ご無沙汰なんてことはないでしょうか。

女性だって性欲があるのは当たり前のことです。そのような状態では、欲求不満を感じるのもいたし方ありません。

今回は子育て&ご機嫌妻アドバイザーである筆者が、“愛され妻になるための欲求不満解消法”をご紹介します!



こんな時「欲求不満」と感じる!
出典:https://www.shutterstock.com

気持ちも身体も疲れて余裕が無いことを自覚しているのに、もしくは自覚できなくても、一休みできずイライラが募る。悪いと分かっているのに、ファーストフードやコンビニスイーツ、タバコやスナック菓子をつい口にしてしまう。そんな状態の時は、もしかしたら欲求不満かもしれません。

女性の身体は繊細なもの。単に、目の前のイケメンにムラムラするから欲求不満といったような、単純なことではないのです。

その理由を次に説明します。

 

女性の体と欲求不満の関係性
出典:https://www.shutterstock.com

イライラするときというのは、身体の本来の欲求が満たされていない時です。本来人間の身体というのは、朝起きたら昼間は働いて、夜はゆっくりとした時間を過ごして眠る、という過ごし方をするように出来ています。それが身体の基本的な欲求です。

しかしながら、夜更かし、深夜の食事、目に過度の刺激を与えるスマホの液晶画面を長時間見つめるなど、現代人の夜の過ごし方は、“体の欲求”からは程遠い生活となっているように思います。皆さんも心当たりがありますよね?

特に女性は副交感神経と言う、リラックスするときに働く神経が優位な性と言われています。考えることややらなければならないことでアタマが一杯になると、本来あるべき自然な状態からどんどんかけ離れてしまいます。現代人は交感神経優位と言われるゆえんです。

前項のような兆候が現れたとき、身体は何をしたいかと言うと、ズバリ“ゆるみたい”、“リラックスしたい”です。そしてセックスは、女性の身体を最高にゆるめ、リラックスさせてくれる行為と言えるかもしれません。

欲求不満である自分にさっさと気付いて、解消してしまいましょう!

 

愛され妻流・夫への求め方
皆さまは、セックスを楽しく嬉しい行為という認識をお持ちでしょうか?

または、“男性から誘うべき”、“前戯は時間をかけるべき”などと、“べき”ことにとらわれすぎてはいませんでしょうか?

そんな状態の女性は、ハッキリ言って“色気”がありません。夫に手を出されるスキが無いのです。

そんなスキの無い方は、たまには“べき”をとっぱらってみるのをオススメします。

自分から誘ってもいいし、積極的に責めてもいい。二人でお風呂に入ってもいいし、夫婦並んでアダルトビデオを見てもいいと筆者は思います。

 

そんな風に、普段の“タブー”をとっぱらってみてください。夫はそんなあなたに最初は驚いても、喜んで載ってくれるかもしれませんよ。

 

【参考・画像】

※ 研究報告書 – 厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)

※ 自律神経、呼吸法で調整 – 大和薬品株式会社

※ urbazon / Shutterstock

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.