子育て情報『2歳イヤイヤ男児のママとパパの「格付け」は? #26』

2017年4月28日 21:15

2歳イヤイヤ男児のママとパパの「格付け」は? #26

2歳イヤイヤ男児のママとパパの「格付け」は? #26
出典:https://itmama.jp/

今回はオチのない、そして正解のない話をします。子育て論のことです。

今やわが子の頭をこづくのですらもってのほか、悪いことをしても「バカ!」と子どもの人格を否定するのではなく、なぜそれが悪いことなのかを丁寧に説明する……といった子育て論が正解とされてるじゃないですか。それは、異論をはさむ余地などないってくらいに。

それらを否定する気なんて全然なく、その通り!と思いますよ。皆さんもそうですよね?でも、こうも思いません?

きれいごとは面倒くせえなあと(笑)。

2歳イヤイヤ男児のママとパパの「格付け」は? #26


「NOイヤイヤ期NOライフ」な2歳8ヶ月
2歳イヤイヤ男児のママとパパの「格付け」は? #26
出典:https://itmama.jp/

だってね、子どもって丁寧に言えば言うほどにつけあがりますし、相手が耳を貸すまで丁寧に言い続けるその根比べ、僕は正直、子育てのかなり早い段階から諦めてしまいました。

もともと人の数倍はイラチで、すぐ「うわっ!」と爆発してしまう僕に、そんなことはできません。

しかし妻は、僕と真逆の性格。2歳8ケ月になり、いまだ絶賛イヤイヤ期中のグラ太に対しても、少しも怒鳴ることなく懇切丁寧に語りかけ、根比べをしておるわけです。

「グラ太、おむつ替えましょう」

「いやー」

「お着替えは?」

「だめー」

「ほら、折り紙出すならレールをしまいましょう」

「いやー」

こんなすべてに「NO!」を突き付ける『NOイヤイヤ期NOライフ』なガキに対して、言葉を荒げることもなくイチから順を踏んで教えようとしているのですから、頭が下がり過ぎて「ブラジルのみなさーん!」と叫びそうになるほどです。

2歳児のヒエラルギーは「パパ>ぼく>ママ」
2歳イヤイヤ男児のママとパパの「格付け」は? #26
出典:https://itmama.jp

しかし「正しい」とされる教育論を実践し続けた結果……妻は、2歳児に舐められるようになったのです。何を言っても、一切言うことを聞かない。「どんなにワガママを言っても、パパのように怒鳴らないし」ということなのでしょう。

ですからたぶん、グラ太のなかのヒエラルギーは、

パパ>ぼく>ママ

だと思われます。

一方、僕は相当のイラチなので、すぐ怒鳴ります。気が短いので、イチからではなくハチぐらいから説明します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.