子育て情報『ズリバイって必要?先輩ママに聞く「ハイハイ・ズリバイの練習」のコツ』

2017年5月8日 21:15

ズリバイって必要?先輩ママに聞く「ハイハイ・ズリバイの練習」のコツ

ズリバイって必要?先輩ママに聞く「ハイハイ・ズリバイの練習」のコツ
出典:https://www.shutterstock.com/

首が座り、寝返りもできたら、そろそろたくさん身体が動く時期になってきますね。

赤ちゃんならではの行動といえば、“ハイハイ”ではないでしょうか。

しかしそのハイハイの前にはだいたいの子が“ズリバイ”という、ほふく前進のような行動をします。

それがまた可愛いんですよね。

そこで今日は赤ちゃんを「ズリバイ・ハイハイ上手にするポイント」をお伝えします。

ズリバイって必要?先輩ママに聞く「ハイハイ・ズリバイの練習」のコツ


うちの子遅いかも?何ヶ月から「ズリバイ」スタート?
ズリバイは、早い子で生後半年前後から始める子もいるそうです。

筆者の子は割と早くて、生後5ヶ月の中ごろだったかと思います。

しかし周囲の子を見ていると、中には10ヶ月になってもしない子や、ズリバイもハイハイもせずにつかまり立ちを始める子もいます。

その子それぞれの個性があるので、そこまで焦る必要はないと思いますが、あまりに動かないようであれば小児科や、自治体の子育て相談室などで聞いてみましょう。

ズリバイはしたほうが良い?うまく促す方法はある?
ズリバイって必要?先輩ママに聞く「ハイハイ・ズリバイの練習」のコツ
出典:https://www.shutterstock.com/

ズリバイは手や肘で身体を運ぶので、腕全体の筋肉は強くなります。

筆者の子もかなりムチムチだったのに、ズリバイ開始とともに急に腕がスリムになりました。

ハイハイの準備に欠かせない筋肉をここでつけているのでしょうね。

「北九州小児保健研究会調査研究事業報告」(平成28年8月1日)によると、ズリバイは体幹、背部のちからをつけるから、歩けるようになった子たちも改めて行ってみると良いということです。

ズリバイは、歩けるようになった後にも“体作りに有効”だなんて、本当に赤ちゃんに良い動きなんですね!

でももし、なかなかズリバイをする気配がない時はこんなことを試してみてください。

・ママが前方で掛け声をかけてあげる

・前方にお気に入りオモチャなどを置いてみる

・ママの手を赤ちゃんの足裏に押し当てて、蹴りやすくする
・ママお手本を見せてあげる

・児童館などで同じくらいの月齢の子がズリバイをしている姿を見せる

ママや他の子のズリバイ姿を見ることで、うまくいくコツを掴むのかもしれませんね。

ズリバイ・ハイハイを始めたら、親子イベントで楽しめるかも!
「よーい、どん!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.