子育て情報『母乳パットでギャン泣き!? わが子の「パパ見知り」対策3つ』

2017年5月21日 22:00

母乳パットでギャン泣き!? わが子の「パパ見知り」対策3つ

母乳パットでギャン泣き!? わが子の「パパ見知り」対策3つ
出典:https://www.shutterstock.com

産後2か月の頃には、慣れない育児の間に息抜きがしたい多くのママは思いますよね?

ちょっと気晴らしに外に出ようと、パパに子どもを預けても「ママじゃない!」と赤ちゃんが泣き出してしまったという話はよく聞きます。

ママ友から教えてもらったのですが、パパが抱っこすると泣き止んで、ママが抱っこすると泣いてしまう場合は母乳の匂いでおっぱいがもらえると思って泣いている可能性もあるそうです。

オセロ松嶋尚美さんのブログでは、生後2か月の時、尚美さんがお出かけの際に、母乳パッドに母乳をしみこませてパパが使用することで、安心して泣きやんだというエピソードが紹介されていました。

そこで今回は、ママが自由な時間をもつために筆者夫婦が実践した、赤ちゃん“パパ見知り”対策を3つご紹介します。

母乳パットでギャン泣き!? わが子の「パパ見知り」対策3つ


筆者夫婦が実践!ギャン泣きわが子の「パパ見知り」対策3つ
我が家は里帰り出産で産後パパと一緒にいる時間がなかった為に、産後2か月で自宅に戻った際、パパが見ている間は泣き続けてなかなか泣き止んでもらえずとても大変でした!

パパに赤ちゃんをお願いして外に出たとしても、泣いて手に負えなくなると、すぐに“戻ってきてコールが……。人見知りが始まってしまったのか、ママ以外は全員ダメでした。

なんとかしようと、筆者夫婦は以下を実践しました。

(1)Youtube大活躍!音で「体の中を思い出させる」作戦!

YouTubeで胎内音や波の音をながして赤ちゃんが泣き止む音楽を聞かせたりしていました。

尚美さんの母乳パッドのアイディアは当時思いつかず実践してなかったのですが、この筆者が実践した方法もママが近くにいると思わせるです。

(2)やっぱり基本は「抱っこひも」での、抱っこ

泣いてしまって手に負えない時、パパは抱っこひもで近所をお散歩していたそうです。抱っこひもだと密着感と揺れが心地よいのかぐっすり眠ってくれてママも安心してお任せできました。

(3)パパに「育児指導」結果、夫婦の時間にも!新米ママは特に手探りの中での育児で大変だと思いますが、パパはそれ以上に育児の知識が無い方がほとんど。なかにはパパになる心の準備もできていない方もいるかもしれません。

パパに育児に協力的になってもらうためにもミルクの作り方、オムツの換え方、泣いた時のあやし方、ゲップの仕方など丁寧に教えてみて下さい。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.