子育て情報『子どもが描く家族の絵は「家庭の混乱」の度合いと関係する!?』

2017年5月19日 21:30

子どもが描く家族の絵は「家庭の混乱」の度合いと関係する!?

子どもが描く家族の絵は「家庭の混乱」の度合いと関係する!?
出典:https://www.shutterstock.com/

子どもが描く「家族の絵」とは、何を表しているのでしょう?

鮮やかな明るい色合いで、家族皆ニコニコと幸せそうに笑い、手を繋ぎあう絵もあれば、一方、真っ黒なマーカーで、無表情な家族の1人1人が、ぽつんぽつんと離れて描かれる絵もあるかもしれません。

この記事では、人類学を学び、17年間教育に携わる筆者が、子どもの描く「家族の絵」についての興味深い研究を紹介します!

子どもが描く家族の絵は「家庭の混乱」の度合いと関係する!?


子どもの描く「家族の絵」から分かることって?
子どもが描く家族の絵は「家庭の混乱」の度合いと関係する!?
出典:https://www.shutterstock.com/

ノースキャロライナ大学のバラシ・ズバラ(Bharathi Zvara)教授率いる研究チームは、962人の乳児から6歳までを追跡調査しました。

6歳になるまでに、8回ほどそれぞれの家庭を訪ね、世話人がどれほど頻繁に入れ代わるか、家の中がどれほど片付いているか、テレビがつけっぱなしになっているか、騒音はどうかなど、子どもを取り巻く環境について調べたそうです。

そして、子どもが6歳になった時点で、10色のマーカーと白紙を渡し、「家族の絵を描いてください」と頼んだといいます。

すると、次のようなことが分かったと報告されています。

●活気のある色合いで、家族が笑顔で寄り添うハッピーなイメージを描いた場合

世話人は温もり溢れ子どもの気持ちにも敏感で、子どもの目線に沿ったサポートをしている場合が多い。家庭環境も、めりはりのある規則的なスケジュールで、適度に整理整頓され、落ち着いている。

●暗めの色で、自分が周りに対して極端に小さかったり、家族の表情も乏しく、互いに孤立した距離間のある絵を描いた場合

世話人が厳しく、支配的で、否定的な場合が多い。また、世話人が頻繁に入れ代わり、家庭環境も、極端に散らかっていたり、テレビがつけっぱなしだったり、騒音に溢れ、より混沌とした雰囲気。

研究チームは、子どもの描く家族の絵は、“家庭の混乱(household chaos)”の度合いと関係していると結論付けています。 

気になる家族の絵を書いたら…?気をつけてみたい3つのコト
子どもの気持ちはコロコロと変わります。ですから、絵を描くよう言われた時に、たまたま嫌なことがあって、気持ちが沈んでいたということもあるかもしれません。

それでも、もし、「あれ?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.